iQUAVIS 操作体験のワークショップ | モジュール化WORKSHOP | isid-industry

ワークショップ

オンライン開催
 iQUAVIS 操作体験のワークショップ | モジュール化 【参加無料】

製品開発を取り巻く環境は、海外市場や異業種の参入、市場のニーズの多様化、急速なDX推進などにより環境の変化が激しくなっています。多様なニーズに対応した幅広い製品を、今までのリソースのまま、低コスト、短期間で品質を落とさずに設計することが必要で、その実現手段の一つがモジュール化です。 


 
製品モジュール化を推進する、Robust Architecture Design :RoAD
 Robust Architecture Design : RoAD は、ISID グループ企業の株式会社ITID が提供する、モジュール化の推進を支援する設計手法です。RoaD を適用することにより、市場要求分析をふまえたモジュール構成・モジュール間インターフェースルールの検討をすることができ、変化に強い製品のアーキテクチャを開発するための課題解決に貢献します。
 本ワークショップは、モジュール化製品開発手法 RoAD を効率良く展開するための、iQUAVIS操作体験コースです。
 
ワークショップ プログラム

少ないモジュール数で多様な要求に対応した製品群を創出する手法
Robust Architecture Design :RoADの概要紹介

  • 市場顧客要求を起点に考える
  • 製品・モジュール部品の関係を整理
  • MBEを実現するためのステップ
  • 社内要求・製薬を考慮した全体最適

iQUAVISによる製品開発でのRoAD展開の体験操作  詳細フロー  

  • 製品ライフライクル別の要求を抽出し、整理する
  • 要求の市場別の重要度、要求幅、将来変化を評価
  • 要素と要素間のインターフェスを可視化する、要素ブロック図を作成
  • 技術ばらしを通じて、要求評価を構成要素に割り付け
  • 割り付けられた要求評価から、モジュール化方針を立案
 

開催要領 【参加無料】※事前登録制 

 コース名 : iQUAVIS 操作体験のワークショップ | モジュール化
 主  催 : 株式会社電通国際情報サービス
 開催形式 : 自席PCのWebブラウザーを用いて参加する、オンライン操作体験コースです
 定  員 : 最大15名
 費  用 : 参加無料 ※事前登録制
 参加方法 : [iQUAVISオンライン操作体験]ご参加の事前確認資料  を参照ください
         ▪ 本ワークショップは、iQUAVISの導入活用を検討されているお客様を対象としています。
           当社と同業企業の方、個人の方からのお申込みはご遠慮ください。
         ▪ 定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。
         ▪ 申込受付完了後に、当日の参加方法詳細の案内メールを申込者に送信します。

<個人情報の取り扱いについて>
申込みでご記入いただいた個人情報の利用目的、取り扱いにつきましては、株式会社電通国際情報サービスの「個人情報保護方針」 を参照ください。「個人情報保護方針」 に同意いただける場合は、『同意して申し込む』ボタンをクリックして申込み画面にお進みください。
 
iQUAVIS 操作体験のワークショップ | モジュール化  開催日程・参加申込

10月29日(金)14:00 ~ 17:00(受付開始 13:40)同意して申し込む


セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス 【iQUAVIS セミナー事務局】    メールでの問い合わせ 

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP