ソリューション

  • PLM

グローバル原価管理

 

原価管理プロセスのTO-BEモデルの策定

グローバル調達の最適化、生産拠点の多極化、物流ルートの複雑化などにより製品製造コストの予測の困難さが年々増しています。商品化段階での適切な目標原価の設定、原価見積精度の向上、製品原価と収益の正確な値をタイムリーに把握することが製造業企業の重要な課題になっています。 ISIDはISIDビジネスコンサルティングと共同で、製造業企業の原価管理業務のパフォーマンスを最大に高めるためのコンサルティング サービスを提供します。


ソリューションサービスメニュー

  • 中期商品化戦略策定の支援
  • 商品化企画策定の支援
  • 原価企画、原価見積の理想的なプロセスの構築支援
  • 原価予測の精度を高め収益向上につなげるための部門間のコミュニケーションプロセス改革の推進
  • グローバル製品の機種別実際原価の定義、原価企画活動の推進支援
         機能別の目標原価設定
         設計見積原価の精度向上、コストダウン設計の推進
         調達見積原価の精度向上、適正な調達価格の評価
         製品原価の評価プロセス構築
  • 原価情報を一元管理し、タイムリーな原価計算と収益予測を可能にするシステム環境の構築支援

 

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP