ソフトウェア製品・サービス

R-3D 3Dデータ活用のグローバル工程設計支援システム

R-3D は、3Dデータによる工程設計の業務改革を目指し、株式会社電通国際情報サービスが開発提供しているソフトウェア製品です。R-3D は、3Dデータと関連情報を活用したものづくりを可能にし、設計製造プロセスの品質を高め、生産性を向上させることに貢献します。


特徴
 

• CADが利用できない環境でも、3D形状の参照、属性の編集が容易
• 工程設計の幅広い業務領域に対応する豊富な機能を提供
• 3Dデータ活用の基本機能と、業務領域別のオプション製品の構成

期待される効果

BOP(Bill of Process)を軸とした工程設計
製造情報を構造化してBOPで一括管理し、共有することができます。既存情報の再利用、最新情報の関連部門での共有、抜け漏れのない変更対応を実現します。

設計BOM(Engineering Bill of Mateirals)とBOPの連携

設計BOMの部品とアセンブリ構成の情報とBOPの製造情報との関連性を管理し、設計変更に迅速に対応し製造情報を更新することができます。

作業指示記述の標準化と多言語対応

作業指示で使われている文言を分析し、記述を標準化してテンプレートに組み込むことができます。定型文のテンプレートを活用し、多言語の作業指示作成の自動化を実現します。

工程FMEAの確実な展開

標準生産要件を参照して、抜け漏れの無い工程FMEAを実施することができます。
故障モードへの対策をBOPに反映し、実施状況を管理することができます。

オプション製品

3Dデータを工程設計で活用するために必要な機能を含みます。
 

  



  • 製品製造情報(PMI)の閲覧、検索
  • Viewer基本機能
    • 計測(ポリゴン/投影/最短距離)
    • 座標系作成
    • 断面
  • 干渉チェック
  • マークアップ
    • コメント
    • オートシェイプ
    • 引出線矢印、定型文
  • 色、透明度変更
  • 部品移動・位置合わせ
  • スナップショット
  • ユーザ定義ビュー作成
  • 画像作成
  • 構成変更
  • 属性参照、編集
  • 簡易形状作成
  • BOM Import/Export
  • 変更点抽出
  • カスタムオブジェクト作成

 

組順や作業手順、設備、時間を定義し、生産性の検討や、作業標準書などのドキュメント作成の機能を含みます。
既存情報の再利用が可能なライブラリ機能を利用し、工程設計の効率を高めることができます。
 

    
  • BOP構築:製造情報の作成、編集
  • 製造情報ライブラリ構築:登録、編集
  • 工程ロジック定義、部品自動アサイン
  • 帳票出力
  • 一括スナップ
  • 定型文入力
  • 多言語対応
  • VPJ結合機能

 

既存の生産要件を検索し、3Dデータを用いて工程リスクの検証をBOP上で行う機能を含みます。 標準生産要件を共有し、人や組織に依存せずに工程設計の品質を維持することができます。
 

  
• 標準生産要件検索機能
• 品質-工程 matrix機能
• 工程リスクチェック機能

 

組図や作業指示の作成で必要な、描画、中心線、バルーン、分解図の機能を含みます。
保持されている属性情報を利用し、設計変更に対応して描画の中心線、バルーン、位置関係は自動的に更新されます。

    
• View作成、属性情報保持
• 組順示唆の中心線作成
• パーツリストからバルーンを作成
• 分解図自動配置
• 3D表示の図枠定義

 

ハーネスのレイアウト検討に必要な、形状の作成と編集の機能を含みます。
作成したハーネスレイアウトをParaolidファイルに出力し、CADで再利用するとができます。

     
• スプラインパス作成、編集
• ソリッド形状作成、編集
• Parasolidファイル出力

 

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP