試作回数の削減のためのシステムズエンジニアリング/モデルベース開発アプローチEVENTS | isid-industry

イベント・セミナー

Webセミナー
 試作回数の削減のための
 システムズエンジニアリング/モデルベース開発アプローチ

iQUAVISなどによるSE(システムズエンジニアリング)やMBD(モデルベース開発)によるメカニズム解明の成果を活用した「試作回数の削減」アプローチ

 近年、システムズエンジニアリング(MBSE=Model-Based Systems Engineering)とモデルベース開発(MBD)への注目が高まり、変更点管理などに取り組む企業が増えています。一方で、モデル構築の工数に対し、思うような効果が得られないという課題をお持ちの方も多くいらしゃるのではないでしょうか。

 本セミナーでは、効果的な MBSE/MBD の運用例として、不具合未然防止と開発・設計の部署間連携をテーマに、試作回数の削減への取り組みを紹介します。
また、ISID が提供する、お客様の開発の課題解決を支援するソリューションを紹介します。
 

セミナーで紹介する製品・ソリューション
  • iQUAVIS
    システムズエンジニアリングによる要求分析・機能バラシ
  • メカニズム解明支援
    モデルベース開発、メカニズム解明による設計の見える化
    ※ISID グループ企業の株式会社 ISID エンジニアリングが提供するソリューションです。
  • Activate
    1DCAEによる設計評価モデルの構築
  • CAE-ONE
    設計情報の蓄積・流通
紹介内容
事例①
不具合未然防止での信頼性向上

不具合未然防止プロセスの影響評価試験で、試験結果の信頼性が低いことから多くの評価が必要だった例を取り上げます。

 
  • “ばらつき” の理解と対策による信頼性の向上
  • メカニズム解明による現象の理解
  • 解析による仮説の検証
  • 解析による不明点の解消と設計検討用モデルの
    構築
  • 1DCAE(計算可能モデル)による設計検討
事例②
開発・設計間の連携強化による信頼性向上

部署間の開発目標やユースケースの認識不一致により、技術開発結果が不採用となったり、複数部署で同じような試作評価が行われた例を取り上げます。

 
  • モデル流通による問題解決
  • データベースによる技術の資産化
受講対象者
  • 組立製造業において、3Dデータ活用によるモノづくり革新を推進される方
  • 企画・設計・製造に関わる方

※システムズエンジニアリングやモデルベース開発、CAEの専門知識や経験は必要ありません。
 

Webセミナー 開催要領

テーマ: 試作回数の削減のためのシステムズエンジニアリング/モデルベース開発アプローチ

日 時: 2021年 5月25日(火) 1回目 13:15~14:15(13:00~アクセス開始)
                  2回目 15:45~16:45(15:30~アクセス開始)

主 催: 株式会社電通国際情報サービス
 
Webセミナー参加の注意点
  • 「ISID Webセミナー視聴コンピューター環境の確認」 にて、お客様の利用コンピュータがWebセミナーの環境に接続可能であることを事前に確認ください。
  • セミナーでは音声を配信いたします。周囲の方への支障とならないよう、イヤホン・ヘッドホンを接続して視聴ください。
  • ご質問は、チャットおよびアンケートページの文字入力で受け付けます。

参加申込み 参加無料【事前登録制】

▪ 同日2回開催するWebセミナーは同一内容です。いずれかの回に参加ください。
▪ 申し込み登録完了後、視聴方法の案内をメールで配信します。
▪ 定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。
▪ 当社と同業企業の方、個人の方からのお申込みはご遠慮ください。

<個人情報の取り扱いについて>
申込みでご登録いただく個人情報は、株式会社電通国際情報サービスとグループ会社が取扱う商品・サービスやイベントに関するご案内、お客様からのご質問に対する回答の電子メールや資料送付などに利用します。株式会社電通国際情報サービスの「個人情報保護方針」   に同意できる場合は、以下のボタンをクリックして申込み画面にお進みください。

 
Webセミナー
 試作回数の削減のためのシステムズエンジニアリング/モデルベース開発アプローチ

5月25日(火) 1回目 13:15 ~ 14:15同意して申し込む

5月25日(火) 2回目 15:45 ~ 16:45同意して申し込む

お問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス MBDセミナー事務局  メールでの問い合わせ    

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP