イベント・セミナー

Webセミナー
MSC Apex と scFLOW を利用した、熱流体解析・リバースエンジニアリング・Co-Simulation へのアプローチ

 統合CAE環境 MSC Apex は直感的操作でモデルを自由に編集、作成することができ、効率的な形状修正が可能な、ダイレクトモデリングを有しています。
  熱流体解析ソフトウェア scFLOW は、高速かつ安定なソルバー、 初心者でも複雑なモデルのメッシュ作成まで行えるプリプロセッサー、 解析結果を可視化できるポストプロセッサーを搭載しています。

 本Webセミナーでは、MSC Apexと scFLOWの機能と事例の紹介、Hexagon の計測機器と Apex と scFLOW によるリバースエンジニアリングの流体解析事例、CoSimulation の設定を容易にするMSC Apex を用いた、MSC Nastranと scFLOW の Co-Simulation の流体構造連成解析事例を紹介します。
 
紹介内容
  • MSC Apex 概要
  • scFLOW 概要
  • MSC Apex と scFLOW による効率的な形状修正と流体解析事例
  • Hexagon計測機器、MSC Apex、scFLOW によるリバースエンジニアリング
    事例
  • MSC Apex と scFLOW による Co-Simulation 解析事例
受講対象者
  • MSC Apex、scFLOWのユーザー様
  • 解析モデルの形状修正を効率的に行い、生産性を向上させたい方
  • 流体解析にご興味をお持ちの方
  • 計測データを元にしたリバースエンジニアリングにご興味をお持ちの方
  • 流体構造連成解析にご興味をお持ちの方

Webセミナー 開催要領

テーマ: MSC ApexとscFLOWを利用した熱流体解析・リバースエンジニアリング・CoSimへのアプローチ
日 時: 2020年8月20日(木) 14:00~15:00 13:30アクセス開始
費 用: 参加無料【事前登録】
主 催: エムエスシーソフトウェア株式会社
協 力: 株式会社電通国際情報サービス

 

お申し込み 参加無料【事前登録制】

<個人情報の取り扱いについて>
申込みでご登録いただく個人情報は、株式会社電通国際情報サービスとグループ会社、エムエスシーソフトウェア株式会社、株式会社ソフトウェアクレイドルが取扱う商品・サービスやイベントに関するご案内、お客様からのご質問に対する回答の電子メールや資料送付などに利用します。
株式会社電通国際情報サービスの「個人情報保護方針」 、エムエスシーソフトウェア株式会社の「MSC Softwareオンラインプライバシーに関する説明」  に同意いただける場合は、『同意して申し込む』ボタンをクリックして申込み画面にお進みください。
 


お問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ISID MSC製品セミナー事務局
メールでの問い合わせ    

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP