イベント・セミナー

Webセミナー
 ユーザー自身によるAIシステム構築、
 IoTのエッジAI実装のアプローチ

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、テクノロジー、業界、企業、地域等の枠を超えたX Innovation(クロスイノベーション)を通じ、FinTech、デジタルマーケティング、スマートエンタープライズ、ものづくり革新の領域にて、顧客ビジネス課題解決のため革新的なソリューションの提供を推進しています。AI分野では、2016年に専任組織を設置し、広範な顧客業務ごとの特性に応じた最適なAIアルゴリズムの開発と実務適用支援の活動を展開しています。

 グローバルウォーカーズ株式会社は、AIで用いる教師データ作成プロセス(アノテーション)を効率的かつ高品質に行うための独自のプラットフォームを構築し、オフショアのAIデータ工場を活用して多くの企業にアノテーションサービスを提供している企業です。ISIDは、グローバルウォーカーズとの資本・業務提携を2019年に開始し、AI領域で両社の知見を組み合わせて顧客企業のAI活用での課題解決を支援する活動に注力しています。 

 建物や橋梁などの構造物の亀裂や錆などの検査は、スマートフォンやタブレットデバイスとクラウドAIという組み合わせが一般的ですが、工場ライン上の検品作業は検品カメラのようなエッジデバイスに搭載するAIを活用する事例が増えています。本セミナーでは、AIによる物体検出の事例を題材に、クラウドAIの OpTApf on Microsoft Azure 活用によるユーザー自身によるAIシステム構築の解説と、監視カメラ、検品カメラなどのエッジAI活用での実装のポイントの紹介をします。

 
紹介内容
ユーザー自身によるAIシステム構築
  • AIシステム構築に必要な環境とデータ
  • AIプラットフォーム OpTApf on Microsoft Azure の概要
  • OpTApf on Microsoft Azure の活用事例 高精度画像分類のAI実装
IoTのエッジAI実装アプローチ
  • 物体検出AIの原理
  • エッジデバイスへの実装のポイント
受講対象者
  • みずから、AIモデルの作成、運用を行いたい皆様
  • 作成したAIモデルのエッジデバイスへの実装を検討している皆様
  • 物体検出や識別のAIの導入を検討している皆様
 

Webセミナー 開催要領

テーマ: ユーザー自身によるAIシステム構築、IoTのエッジAI実装のアプローチ

日 時: 2020年 7月22日(水) 17:00~18:00

共 催: 株式会社電通国際情報サービス  グローバルウォーカーズ株式会社

定 員: Webセミナー オンライン参加 先着100名  /  ライブ会場参加 6名(抽選)

会 場: 東京 五反田 グローバルウォーカーズ株式会社 会議室 

 
WEBセミナー参加の注意点
  • セミナーでは音声を配信いたしますので、周囲の方にご迷惑にならないよう、イヤホン・ヘッドホンなどをご用意ください。
  • ご質問は、チャットおよびアンケートページの文字入力で受け付けます。
お申し込み 参加無料【事前登録制】
▪ 当社と同業企業の方、個人の方からのお申込みはご遠慮ください。
▪ 会場参加を希望される方は、備考欄にその旨を記載ください。後日、抽選結果をお知らせします。
▪ 申し込み登録完了後、視聴方法の案内をメールで配信します。
▪ 定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。

<個人情報の取り扱いについて>
申込みでご登録いただく個人情報は、株式会社電通国際情報サービスとグループ会社が取扱う商品・サービスやイベントに関するご案内、お客様からのご質問に対する回答の電子メールや資料送付などに利用します。株式会社電通国際情報サービスの「個人情報保護方針」    に同意いただける場合は、以下のボタンをクリックして申込み画面にお進みください。


お問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ISID AIセミナー事務局  メールでの問い合わせ    

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP