イベント・セミナー

Webパネルディスカッション
感染症対策における建築・設計デザインと数値流体シミュレーションの活用

 MSC Cralde の熱流体シミュレーションソフトウェア scFlow/STREAM は、空気の流れや熱の移動などを計算できるツールです。通常目に見えない流れや熱を視覚的に表現することで、設計者以外の人に対して、高い性能や、製品意図などを伝える手段として利用できます。

 飛沫による感染はシールド、マスクなどで、また空気感染は陰圧換気によって予防、拡大を防ぐことが可能です。病原体の拡散をどのように防ぐか、コントロールするかが重要となり、気流シミュレーションの活用が有効となります。
日本のみならず各国でのコロナウイルス感染症による影響は留まることを知りません。

 本パネルディスカッションでは、建築分野の設備設計という視点から、感染症対策のプロフェッショナルのご知見・ご見解を伺いながら、新型コロナウイルス感染防止に向けた設備設計指針、デザインとシミュレーションの活用方法、併せて、感染拡大防止への活動なども交えながら議論を深めます。

 
   
   
パネルディスカッション アジェンダ
  • 感染症対策の一般的な概要
  • 感染症対策に貢献できる建築・設計デザイン
  • 空調シミュレーションの活用
  • 感染拡大防止への活動
パネリスト:株式会社日建設計 伊藤 昭(いとう あきら)
[パネリスト紹介]
株式会社日建設計 エンジニアリング部門 設備設計グループ アソシエイト 博士(医学)
早稲田大学大学院理工学研究科(建設工学専攻)修士課程修了
順天堂大学大学院医学研究科(感染制御科学)博士課程修了
東京医科歯科大学非常勤講師

設計作品:山形県立中央病院、国立国際医療研究センター、サントリー美術館、飯綱山荘 他
研究論文:「感染制御に最適な病院建築デザイン手法に関する研究~外来領域におけるトリアージプラン~」他
パネリスト:エムエスシーソフトウェア株式会社 上山 篤史(うえやま あつし)
[パネリスト紹介]
エムエスシーソフトウェア株式会社 営業本部 大阪営業所 技術部
シニアアプリケーションエンジニア 博士 (工学)
大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 博士後期課程修了 博士 (工学)

流体・構造連成問題に対する数値シミュレーション手法の研究で学位を取得後、2011年 株式会社ソフトウェアクレイドルに入社。以来、建築設備系の案件を中心に数多くのコンサルティングサービスや技術サポートなどに従事し、現職に至る。
ファシリテーター:エムエスシーソフトウェア株式会社 金井 孝訓
受講対象者
  • 感染症対策にご興味のある方
  • 流体の数値シミュレーションにご興味のある方
  • 建築・設計エンジニア・デザイナー・コンサルタントの方
  • 解析エンジニア、設計エンジニアの方

Webセミナー 開催要領

テーマ: Webパネルディスカッション
     感染症対策における建築・設計デザインと数値流体シミュレーションの活用
日 時: 2020年7月7日(火) 14:00~15:00 13:45アクセス開始
費 用: 参加無料【事前登録】
主 催: エムエスシーソフトウェア株式会社
協 賛: 株式会社電通国際情報サービス

 

お申し込み 参加無料【事前登録制】

<個人情報の取り扱いについて>
 申込みでご登録いただく個人情報は、株式会社電通国際情報サービスとグループ会社、エムエスシーソフトウェア株式会社が取扱う商品・サービスやイベントに関するご案内、お客様からのご質問に対する回答の電子メールや資料送付などに利用します。
 株式会社電通国際情報サービスの「個人情報保護方針」 、エムエスシーソフトウェア株式会社の「MSC Softwareオンラインプライバシーに関する説明」  に同意いただける場合は、『同意して申し込む』ボタンをクリックして申込み画面にお進みください。
 


お問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ISID MSC製品セミナー事務局  メールでの問い合わせ    

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP