イベント・セミナー

Webセミナー
機構-流体連成シミュレーションによる横風安定性検討の
空力解析の紹介

 MSC CoSim engine は、機構解析ソフトウェアの Adams、熱流体解析ソフトウェアの scFLOW を相互に連成した解析モデルを設定できます。 複数の解析領域を組み合わせることで効率的に高精度な連成解析を実現します。
   
 
 設計段階で空力を計測するための手段として風洞実験、走行実験、シミュレーションがあります。風洞実験では主に時間やコストに、走行実験では実施難易度や精度面に支障が出ることがデメリットとなっています。シミュレーションは実際の自動車が無くとも多数のテストを比較的短時間・低コストで実施でき、また例えば車体表面の圧力分布といった実験で知ることが難しい計測が行えることから、開発をより効率良く進められるとして、ここ数十年間PCの発展とともに大きく普及してきました。
 また近年では、流体力と構造/機構の相互作用を考慮する連成解析の技術開発が進んでおり、複合領域解析の利用範囲が広がってきています。 

  本Webセミナーでは、高速走行車両に対する横風安定性検討をテーマとして、MSC Cosim engine による Adams/Car と scFLOW との機構流体連成シミュレーションの活用例を紹介します。

紹介内容
  • 社会背景と課題
  • ソリューション紹介
  • デモンストレーション
  • ライセンス構成
受講対象者
  • CFD解析・機構流体連成解析にご興味を
    お持ちの方
  • 自動車の空力性能改善にご興味をお持ちの方
  • 解析エンジニア、設計エンジニアの方

Webセミナー 開催要領

テーマ: 機構-流体連成シミュレーションによる横風安定性検討の空力解析の紹介
日 時: 2020年8月18日(火) 14:00~15:00 13:45アクセス開始
費 用: 参加無料【事前登録】
主 催: エムエスシーソフトウェア株式会社
協 力: 株式会社電通国際情報サービス

 

お申し込み 参加無料【事前登録制】

<個人情報の取り扱いについて>
申込みでご登録いただく個人情報は、株式会社電通国際情報サービスとグループ会社、エムエスシーソフトウェア株式会社、株式会社ソフトウェアクレイドルが取扱う商品・サービスやイベントに関するご案内、お客様からのご質問に対する回答の電子メールや資料送付などに利用します。
株式会社電通国際情報サービスの「個人情報保護方針」 、エムエスシーソフトウェア株式会社の「MSC Softwareオンラインプライバシーに関する説明」  に同意いただける場合は、『同意して申し込む』ボタンをクリックして申込み画面にお進みください。
 


お問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ISID MSC製品セミナー事務局
メールでの問い合わせ    

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP