ユーザー事例

  • 設計

製品プラットフォーム化を促進する施策 iQUAVISの活用による、設計リスク低減と知識継承

導入先
東芝テック株式会社
製品サービス
iQUAVIS

東芝テックグループは、POSシステム、複合機、オートID(個体自動認識)、インクジェットヘッドなどのシステム製品を開発し、グローバル市場に向けて、製造、販売、保守サービスの事業を展開しています。将来の成長に向けた基盤づくりとして、東芝テックは価値創造と生産性向上を目指し、複数事業領域の相乗効果をもたらす製品のプラットフォーム化に取り組んでいます。プラットフォーム開発を促進する、全社共通の設計支援システムの構築と運用展開の状況について、商品・技術戦略企画部 シニアエキスパート 飯田 善紀氏による解説を紹介します。

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP