切削部品の機上測定ソリューション

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 切削部品の機上測定ソリューション

切削部品の機上測定ソリューション

概要

切削部品の機上測定による、寸法測定の自動化を実現!
本ソリューションでは、加工機の切削工具をプローブに交換して切削部品の測定をおこない、加工直後の仕上がり寸法測定の自動化を可能にします。
高精度の寸法測定を効率良くおこなうことができ、寸法測定と再加工の段取りが不要になり、作業工数が削減されます。


●NX CAMによる測定用NCプログラムの作成
・表示されたモデル上に測定位置を選択する直感的な操作
・各種加工機に対応した測定用NCプログラムの出力が可能
・平面に限らず、曲面形状に対しても測定することが可能

●高精度プローブによる測定
・各種加工機に取り付け可能な高精度プローブを使用
・キャリブレーションソフトウェアにより高い測定精度を確保

現場の抱える問題

●3次元測定機を用いた測定では、段取りでの手間や誤差が発生
・測定の段取りや測定後の再加工の段取りに多くの工数がかかる
・測定の段取りで誤差が生じ、測定精度や加工精度が確保できない

●切削部品の仕上がり寸法が把握できていない
・測定装置の整備や、測定工数の確保に課題がある
・部品加工精度が確保されていないことにより、組立工程で不具合が発生
・金型形状の測定データがなく、成形不良の原因究明や対策立案で正しい判断ができない

期待される効果

●3次元測定機を導入せずとも、高精度の寸法測定が可能
●測定機や加工機の段取り替えが不要になり、作業工数が削減
●段取り替えに起因する誤差が解消され、測定や加工の精度向上に貢献
●ノギスなどでは測定できない複雑な形状の寸法測定が可能になり、組立時の不具合削減に貢献
●金型部品の形状測定データが整備されることで、成形不良発生時の原因究明や対策立案に役立てることができる

事例

●自動車部品、電機精密製品のメーカーの導入事例

【導入目的】
・型部品の品質向上
・型部品の測定業務工数削減

【導入効果】
・段取り工数削減により、測定作業工数50%削減

<よく使用される業種>
鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf切削部品の機上測定ソリューション

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

関連するものづくりソリューション

■ものづくりソリューション