生産計画の精度向上

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 生産計画の精度向上

生産計画の精度向上

概要

多品種少量で生産する製品の、納期予測精度を劇的に改善します!

本ソリューションでは、シミュレーションを用いた最適生産計画の検討により、予測精度の高い生産スケジュールの立案を可能にする環境構築を支援します。
 

 複雑な生産条件を考慮した生産スケジューリング
 仮想工場モデルを用いて備稼動状況や搬送リソース負荷・搬送タイミング等、実際の工場で発生する様々な現象を考慮することができます
 Excelや生産スケジューラでは表現できない生産プロセスの詳細な事前検証が可能です
 ・遺伝的アルゴリズム(GA)を用いた生産スケジュールの自動最適化により、リードタイムを最短にする 生産スケジュールを立案することが可能です

 正確なリードタイム予測に基づいた受注判断の実施
 ・生産負荷を考慮した正確な納期予測により、受注可否の的確な判断が可能になります

 生産スケジュール見直しの効率化・精度向上
 ・条件を変更しシミュレーションを繰返し実行するだけで、精度の高い生産スケジュールの再検討が可能です

現場の抱える問題

● 混流生産・ロット生産・ジョブショップ型生産などで、Excel・手計算・カンなどで生産計画を立案しているが、予測精度が低くスケジュール通りに生産が実施できない


● 受注時に生産負荷が分からないため、生産計画の調整が困難な納期で受注してしまう

● 割り込み特急生産依頼や不具合への対応で生産計画の再調整をする際、全体最適化を検討する時間がなく、その場しのぎの対策を続けている

期待される効果

● 生産計画を事前検証し、納期遅れのリスクを解消
 根拠のある生産スケジュールを立案し事前検証ができ、無理な生産計画による納期遅れを解消

● リードタイムの短縮
 ・生産スケジュールの最適化により、リードタイムを短縮

● 的確な受注判断の実施
 ・シミュレーションによる生産工程の見える化で、受注前に需要量の納期内での生産可否を判断

 生産スケジュールの再検討作業の工数削減
 ・パラメータ値を変更しシミュレーションを再実行するだけで、生産スケジュールの再検討が可能

事例

<よく使用される業種>

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、エネルギー、医療機器、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、倉庫・運輸関連

 

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf生産計画の精度向上

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション