3Dレーザスキャナによる設備の空間調査

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 3Dレーザスキャナによる設備の空間調査

3Dレーザスキャナによる設備の空間調査

概要

短時間で正確な既存設備の実地調査・スケッチを可能にします !
本ソリューションでは、3Dレーザースキャナを用いて既存設備の空間情報をデジタル化し、新規設備導入のレイアウト検討およびビジュアルシミュレーションを可能にする環境構築を支援します。

● 3Dレーザースキャナで測定した配置対象の施設の空間情報を、PCに取り込んでバーチャル空間を構築

● バーチャル空間上で現状設備の寸法計測、導入予定設備の設置検討の対話操作を実現

● 既存2D図面の取り込みや、測定結果の3Dデータ出力など、
 2D・3DのCADシステムとの連携活用が可能

現場の抱える問題

●設備設置提案で必要となる、既存施設の実地調査・計測に多くの工数を費やしている
 ・既存設備の寸法や空間距離の測定を手作業で実施している
 ・顧客に迷惑をかけないよう短時間で行う必要があり、1回で必要な情報を取りきれない

●効果的な提案のために3Dモデルを利用したいが、作成の工数が確保できない
 ・顧客提案の際に図面ベースの提案では理解してもらいにくい
 ・図面情報から3Dモデルを作成するには多くの工数が必要となる

期待される効果

●既存設備の空間測定の作業効率向上、測定結果の精度向上
 ・短時間で正確・詳細な現地情報の取得が可能になる
 ・計測漏れ・計測ミスが少なくなり、細かい障害物等の情報不足による導入時のトラブルが軽減する

● 3Dビジュアルシミュレーションの活用による、効果的な設備配置提案の実施
 ・何度でも現地の状態を3D上で再現し、繰り返し計測・確認することが可能になる
 ・設置場所の変更要望にスピーディーな対応が可能になる

事例

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf3Dレーザスキャナによる設備の空間調査

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

関連するものづくりソリューション

■ものづくりソリューション