金型設計の標準化・自動化

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 金型設計の標準化・自動化

金型設計の標準化・自動化

概要

「 金型設計の3D活用がなかなか進まない」という企業にお勧め!
本ソリューションでは、3D活用に必要な「金型設計製造ノウハウの定形化」と「3Dテンプレート構築」の支援を提供します。

●金型設計製造ノウハウの定形化
・今まで設計者個人の経験として暗黙知となっていたノウハウ情報を、弊社が培ってきた各種分析手法を使って抽出し、設計標準として定形化します

●3Dテンプレート構築
・抽出された知識(設計標準)を組み込んだ3Dテンプレートを構築します
・情報の整理方法、テンプレート構築の履歴表現方法など、作成し易く、後から見ても分かり易いテンプレートを構築する為の手法を提示します
・ノウハウ、設計標準等を表現するインターフェースとして、お客様にも高度な内容を簡易に入力していただくために、Microsoft EXCELを採用しました

現場の抱える問題

● 設計標準化の推進と活用
● 標準の自動化展開の効率化
● 標準更新の業務フローへの組み込み

期待される効果

●3Dテンプレートによる本来の効果の獲得
・金型設計製造のノウハウを正しく3Dテンプレートに反映することで、本来の3Dテンプレート利用による効果を手にすることができる

●活動による付帯効果
・テンプレート構築の工程の中で、熟練設計者の知識の定形化が行われる為、知識の蓄積、共通化が促進され、設計部門全体の技術力が向上する

事例

●自動車業界

導入背景:
・金型構想設計のフロントローディングによる部材先行手配による金型短納期化
・社内標準の作成と対応部品登録による金型設計の標準化

導入効果:
・製品設計と金型設計の作業を並列処理する仕組みが構築でき、コンカレント設計を促進できた
・構想設計のスピードアップと精度向上による後工程及び金型製作時の手戻り削減を実現できた

●その他
輸送用機器、電気機器、精密機器、機械メーカー他、多数の導入実績があります


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf金型設計の標準化・自動化

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション