金型の構想設計支援

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 金型の構想設計支援

金型の構想設計支援

概要

構想段階から金型設計を支援して、設計工数短縮と手戻り未然防止を実現!
本ソリューションでは、Mold Plannerの活用した、構想段階からの金型設計品質向上、設計期間短縮のための設計環境を構築します

□金型構想設計支援ツールMold Planner
● アンダーカット設計支援機能
・形状分析機能によりアンダーカット領域を自動判定
・ アンダーカット領域の外抜き可否、必要ストローク量を自動判定
・ アンダーカット処理機構を適正サイズで自動配置

● 突出設計支援機能
・ 製品離型抵抗の傾向を解析し表示(エジェクタピン配置による抵抗軽減の表示も可能)
・ エジェクタピンの対話操作レイアウト機能と自動3D干渉チェック
・ モールドベース情報を自動取得し、適正なエジェクタピンを自動配置

● 冷却設計支援機能
・ 製品蓄熱傾向を解析し表示(冷却回路配置による蓄熱軽減の表示も可能)
・ 冷却回路/タンクの対話操作レイアウト機能と自動3D干渉チェック
・ 冷却レイアウトを自動認識し、適正な冷却部品を自動配置

現場の抱える問題

●金型設計時間の短縮、作業工数の削減をしたい
・構想設計検討で、製品把握に時間がかっている
●金型設計の品質を向上させたい
・構想設計段階での検討不足により、後工程で不具合が発生している
●構想設計基準の見える化をしたい
・設計基準の体系化がされておらず、設計手法は担当者のスキルに依存している

期待される効果

●金型設計時間の短縮、作業工数の削減
・構想段階での設計問題箇所の把握、対策実施の自動化による設計工数の短縮
・早期設計検討の充実による、手戻り作業の削減
●金型設計品質の向上
・構想段階からの設計検討の充実により、設計不具合のトラブル発生を予防
・設計基準の見える化、構想レイアウト機能の活用により、設計者のスキルに依存しない一定水準の設計品質を確保

事例

●自動車業界

導入背景:
・金型構想設計のフロントローディングによる部材先行手配による金型短納期化
・社内標準の作成と対応部品登録による金型設計の標準化

導入効果:
・製品設計と金型設計の作業を並列処理する仕組みが構築でき、コンカレント設計を促進できた
・構想設計のスピードアップと精度向上による後工程及び金型製作時の手戻り削減を実現できた

●その他
輸送用機器、電気機器、精密機器、機械メーカー他、多数の導入実績があります


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf金型の構想設計支援

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション