組立性検討・設備設計効率化

TOP > ものづくりソリューション > 開発・設計・製造プロセス > 組立性検討・設備設計効率化

組立性検討・設備設計効率化

概要

ISO準拠の3D設計データを、工程/設備設計に活用、生産準備の効率化を実現!
本ソリューションでは、ISO準拠の3Dデータを活用し、製品の組立性の事前検討や設備設計の作業を効率的におこなうことができる業務環境を構築します。


●JTフォーマットで出力される三次元CADの製品設計データを活用します
●3D コミュニケーションツール「R-3D」を用い、組立途中の製品構成の3 D モデルに対して、ハーネス配置や干渉チェックの評価を加えながら組み順を検討することができます
●組立途中の製品構成の情報を保存し、3D モデルを製造設備の三次元設計に活用することができます

現場の抱える問題

●製造性の検討不足が量産開始間際に判明し、大きな手戻りが発生している
●治工具、設備の3D データがないため、製品、治工具、設備の製造性検討を二次元図面を用いておこなっている
●組立図以外に検査仕様書などのドキュメント作成に多くの工数がかかっている

期待される効果

●製品組立工程の仮想検証によるコスト削減とリードタイム短縮
●ハーネス設計の仮想検証によるコスト削減とリードタイム短縮
●組立・製造・検査の装置設計の効率化
 

事例

●自動車部品メーカー
・製品組順、工程設計、検査装置設計の情報が三次元製品設計情報と連動して管理され、容易に再利用が可能となる仕組みが構築されています

●その他、多数の導入実績があります。

<よく使用される業種>
樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関
 

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf組立性検討・設備設計効率化

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション