設計変更の形状確認効率化

TOP > ものづくりソリューション > 開発・設計・製造プロセス > 設計変更の形状確認効率化

設計変更の形状確認効率化

概要

3D設計データの形状変更内容を、後工程で正確に把握!
本ソリューションは、設計変更で形状が更新された部位を三次元CAD モデルから自動的に抽出し、変更点説明のレポート作成を効率良くおこなう業務環境を構築します。
 

●二つの3Dモデルを比較し、形状が異なる箇所を自動的に抽出し対比表示することができます
●形状が異なる箇所をリスト表示し、選択箇所の対比拡大表示をおこないながら、変更内容を詳細に把握し、対処策などのコメントを入力することができます
●形状が異なる箇所のリスト、対比画像、詳細情報、コメントをXMLフォーマット

現場の抱える問題

●取引先や他部署から製品設計情報を三次元CAD モデルで受け取っているが、設計変更された形状更新内容をCAD を使用して理解しようとすると、膨大な操作の作業が必要になる
●設計変更による形状更新の内容を後工程に反映させる際に漏れがあり、問題解決に手戻りが発生している
●設計変更による形状変更の内容を関係者に正確に伝えるために、変更箇所のCAD 表示画像キャプチャーを貼付した説明資料作成の作業に時間を費やしている
 

期待される効果

●形状変更内容の確認作業の効率の改善
●変更対応説明資料の作成作業の効率化
●変更対応漏れによる手戻り発生の防止
 

事例

●自動車部品メーカー
・取引先から受領したデータの形状変更箇所を自動抽出し、担当者へメール通知をおこない、対応実施を促す仕組みを構築しています

●その他、多数の導入実績があります。

<よく使用される業種>
樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf設計変更の形状確認効率化

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

関連するものづくりソリューション

■ものづくりソリューション