デザインレビュー品質向上

TOP > ものづくりソリューション > 開発・設計・製造プロセス > デザインレビュー品質向上

デザインレビュー品質向上

概要

ISO準拠の3Dデータを共同検討に活用しませんか!
本ソリューションでは、加工機の切削工具をプローブに交換して切削部品の測定をおこない、加工直後の仕上がり寸法測定の自動化を可能にします。
高精度の寸法測定を効率良くおこなうことができ、寸法測定と再加工の段取りが不要になり、作業工数が削減されます。

本ソリューションでは、ISO準拠の3Dデータを用いてデザインレビューを実施し、試作実施前に精度の高い仮想検証をおこない、設計部門へレビュー結果を効率良くフィードバックすることができる業務環境を構築します。




●JT フォーマットで出力される三次元CAD の製品設計データを活用します
●3D コミュニケーションツール「R-3D」を用いて、三次元CAD ライセンスがない環境でも、三次元形状の表示、寸法測定、干渉チェック、形状編集、構成管理、属性情報の付加など、デザインレビューに必要なデータ処理が可能になります
●設計変更箇所を一括抽出し、リスト表示やモデル形状表示を参照しながら詳細を確認することができます
●CAD では複雑な操作が必要となる、レビュー時の指摘事項や製造要件の指示などのコメント情報の作成、共有、再利用を容易におこなうことができます
 

現場の抱える問題

●三次元CAD で作成した製品設計データを使ってデザインレビューをおこなっているが、レビュー結果を共有し設計に反映するために追加のドキュメントを作成している
●金型、加工部品などのデザインレビューでは、寸法精度の確認をするためCADが設置されている環境が必要になる
●取引先との3D データの授受で、自社利用CAD と異なるCAD で作成されたモデルのIGES やSTEP などのフォーマット変換されたデータを使用すると、精度低下などの問題が生じる
 

期待される効果

●コストダウン
●レビュー結果の情報共有が容易
●二次元図面や帳票の作成工数削減
●組立性や生産要件の早期検討、仮想検証

事例

●輸送機器メーカー
・デザインレビュー後の設計変更情報に連動し、組立構成、工程フロー、QC工程表、作業手順書が自動的に更新される仕組みが構築されています

●その他、多数の導入実績があります。

<よく使用される業種>
樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdfデザインレビュー品質向上

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション