実験モーダル解析の活用技術構築

TOP > ものづくりソリューション > 解析(CAE) > 実験モーダル解析の活用技術構築

実験モーダル解析の活用技術構築

概要

振動問題の解決に実験モーダル解析を活用する実践技術力を向上!
本ソリューションは、実験モーダル解析を活用してお客様自身が振動問題の解決に着手できるよう、基礎技術教育から実践トレーニングまでの技術支援を提供します。

● 振動問題に対するアプローチを、実験・解析の両側面から説明します
● 振動応答解析および実験解析ソフトウェア利用のための初期教育を実施します
● 実製品を例題にしたトレーニングにより、実用化できる技術を移管します
● 社内で活用できるカスタムトレーニング資料を作成します

現場の抱える問題

● 実験モーダル解析を導入したが、利用技術を高める方法がわからない
・実験の誤差が大きく、結果の信頼性が低い
・実験の方法や計測の設定について、どう決定すればよいかわからない
・得られた結果が正しいかどうか評価できない

期待される効果

● 実験モーダル解析を自社製品の振動問題の解決に活用する技術力が高められます
・振動問題に対する捉え方を基本から身につけることができます
・実践体験を通じて、講義や専門書では得られないノウハウを獲得できます
・カスタムトレーニング資料により、効果的に社内での技術共有が可能です
● 製品リリース後の振動問題の不具合対策にて、原因究明と効果的な対策実施を迅速に行うことができます
● 製品開発のリードタイム短縮とコスト低減、および保守対応コスト低減に貢献します

事例

実験モーダル解析の実施実績を元に技術展開をご支援します
● 自動車関連
・ラジエータグリル
・ランプ
・マフラー
・ミラー
・エアクリーナー
・カーナビ
・インテークマニホールド
● 電機・精密関連
・ビデオカメラ
・プリンター
・DVDプレーヤー
・複写機
・PC部品
・エアコン部品
● その他
・発電機
・工作機
・半導体製造装置
・電動工具
・ゴルフクラブ


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、その他製造、教育・研究機関、その他

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf実験モーダル解析の活用技術構築

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション