落下・衝突解析ソリューション

TOP > ものづくりソリューション > 解析(CAE) > 落下・衝突解析ソリューション

落下・衝突解析ソリューション

概要

耐落下衝撃性能と衝突安全性能の検証技術を構築!
本ソリューションは、落下衝撃や衝突安全の製品性能向上の検討に活用する、衝撃解析LS-DYNAの利用技術構築の支援を提供します。

●実機のメカニズム分析
高速撮影、加速度計測などにより実機の落下衝撃や衝突の現象を測定し、変形、亀裂、破壊の発生メカニズムを分析します

● 材料の特性値の取得
材料特性測定実験を実施し、測定データからLS-DYNAに入力する材料パラメータを決定します

● 解析技術の構築
予測する現象に適した解析モデルを作成し、落下・衝撃解析を実施します。
解析結果と実機測定値との比較検討を行い、予測精度の高い解析モデルを構築します

● 技術トランスファー
上記の技術構築の過程で得られた知見を
ドキュメントにまとめて提示します

● 技術の定着と運用支援
新規製品への解析適用のサポート、技術情報のドキュメント作成、解析業務標準化、システム化を支援します

現場の抱える問題

● 製品の耐落下衝撃や衝突安全の性能を高めたい
・所定の耐落下衝撃性能が得られない
・衝突安全基準を満たすことができない
・衝撃設計に手戻りが多く、開発時間とコストが掛かり過ぎている
・なぜ破損するのか? なぜ破損しないのか? その理由が明確にならない

期待される効果

● 落下による破損部位・破損部品をCAEで事前検証できるようになり、効率的な耐衝撃設計が可能となります
● 衝突による最大荷重・破壊モード・エネルギー吸収量をCAEで事前検証できるようになり、効率的な衝突安全設計が可能となります

事例

● 薄型ディスプレーの落下衝撃
・破壊メカニズム分析(落下試験実施、高速撮影、加速度測定)
・樹脂材、緩衝材の材料基礎物性値の測定
・落下解析の技術構築、定着支援

● 自動車用樹脂成形部品の衝突安全性
・部品レベルの衝撃試験の計画、試験機の構築、試験実施
・樹脂の材料基礎物性値の測定
・衝突解析の技術構築、定着支援

● 検査機の搬送時における耐衝撃性
・受託解析

● 工作機械の暴走防止ストッパーの衝撃強度設計
・解析技術者の定期訪問支援
・WebEXを利用した遠隔支援

● その他
輸送用機器、電気機器、精密機器、機械、電子部品メーカー他、多数の導入実績があります


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、医療機器、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf落下・衝突解析ソリューション

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション