耐久試験の効率化

TOP > ものづくりソリューション > 解析(CAE) > 耐久試験の効率化

耐久試験の効率化

概要

時間がかかる耐久試験を最短に!
本ソリューションでは、実耐久試験およびCAE疲労耐久解析の入力データを大幅に圧縮し、耐久試験および検証業務の効率化を実現する環境構築を提供します。
耐久試験の期間短縮、コスト低減に加え、より多くの検証が実施できることによりCAE疲労耐久解析の精度向上に貢献します。

●実稼動加振の時刻暦ランダムデータの取得
●耐久限度以下の入力成分を除去し、加振データを圧縮
●時刻暦ランダムデータをPSD(パワースペクトラム密度)関数に変換
●加速率を与えて、PSDの台上試験データを自動生成する
●PSD関数を用い、台上実機耐久試験およびCAE振動疲労解析を実施

現場の抱える問題

●より多くの耐久試験を実施したいが、時間がかかりすぎている
・振動耐久ベンチが満杯で試験待ちが常態化している
・CAE疲労耐久解析の結果検証をしたいが、耐久試験の実施待ちで検討が進められない
・単純な一定振幅の試験では荷重に関する位相が指定できず、オーバーデザインになってしまう
・ばらつきを考慮した耐久試験のために同時に複数の試作品の耐久試験を実施したい
・アセンブリ製品のうちどのパーツが最も弱いか知りたいが、試験システムが空いていない

期待される効果

●実機耐久試験の効率化
●製品開発期間の短縮、コスト低減
●疲労耐久CAEの精度向上
●製品保証の費用削減
●設計品質の向上

事例

●自動車吸排気系、ラジエータグリル
●カーナビ、電装品
●モバイル機器、精密機器
●生産設備

<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf耐久試験の効率化

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション