耐久CAE技術の構築支援サービス

TOP > ものづくりソリューション > 解析(CAE) > 耐久CAE技術の構築支援サービス

耐久CAE技術の構築支援サービス

概要

耐久性能の事前評価技術を確立!

本ソリューションでは、実機試験結果とCAE予測結果を比較し、より精度の高い疲労損傷解析用FEMモデルを構築することを可能にする環境の構築を支援します。それにより、検証結果に裏付けられた高精度の耐久CAEの実施を可能にします。
 

□耐久CAE機能概要
•応力-寿命、ひずみ-寿命、多軸評価、溶接、短繊維複合材料、振動、き裂進展、熱機械疲労、仮想加振台などの先進技術に対応した広範な疲労解析機能
•Nastran、Abaqus、LS-Dyna、 ANSYS、 RADIOSSなどの市販FEAの結果のデータを直接サポート
•テストとCAEデータに1つの環境で対応
 

□技術構築
・パイロットプロジェクトにより、製品のFEMモデル化・耐久CAEモデル化・実機試験結果との比較評価に関する技術構築を支援します

現場の抱える問題

● 高い耐久性の製品開発が要求され、事前検討の技術構築が必要となっている
● CAEで疲労耐久解析を実施しているが精度が低く製品開発に適用できていない
● 耐久性を事前検討するため、より精度の高い解析技術を早期に構築したい
● 実稼動状態での振動状態や応力を精度良く表現する解析モデルを構築したい

期待される効果

●製品開発期間の短縮、コスト低減
 ・CAEによる疲労寿命評価を事前に実施することにより、実機試作での耐久試験の回数を削減
●実機耐久試験の効率化
 ・CAEにより弱点部位を事前に予測し、荷重条件や計測点などの適切な試験条件を設定
●疲労耐久CAEの精度向上
 ・検証結果に裏付けられた高精度の耐久CAEの実施が可能
●製品保証の費用削減
 ・弱点部位への事前対策実施により、製品寿命の延長が可能
 ・疲労破壊発生後の原因究明と対策実施の早期実現
●設計品質の向上
 ・所定の機能を満たし、軽量且つ無駄のない製品開発が可能

事例

●自動車メーカー
●HVパワートレーン、ドライブトレーン
●シャーシ、車体フレーム、シート
●建設機械、擬装コンポーネント
●農業機械
●航空機コンポーネント
●生産設備



<よく使用される業種>

産業用機械、ロボット、機械要素・部品、産業用電気機器、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf耐久CAE技術の構築支援サービス

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション