工業製品における遮音性能の評価

TOP > ものづくりソリューション > 解析(CAE) > 工業製品における遮音性能の評価

工業製品における遮音性能の評価

概要

音・振動の連成問題の透過損失を解析で評価できる!
本ソリューションでは、音響解析ソフトウェアを活用し、音の透過損失を算出する解析技術の構築をご支援いたします。

・音響媒質の領域を音響FEMでモデル化し、音の伝播を解析します
・外部放射音に対しては、無限要素を適用し開空間モデルを精度よく高速に計算します
・構造FEMと連成することで、音と振動が相互に影響する問題を解くことができます



 

現場の抱える問題

製品の静粛性・遮音性能を設計段階で評価したいが、
・ 試作して実験しないと音の大きさが分からない
・ 単純な形状の透過損失は一般式で計算できるが、形状が複雑になると計算できない
・ 音と振動がどのように伝播しているか分からない

期待される効果

・透過損失を求めることにより、製品の遮音性能を評価することができます
・製品の形状やパラメータを変更して解析結果を評価することにより、遮音性能の高い設計案を求めることができます。

事例

●電子機器筐体の透過損失評価

●自動車用マフラーの透過損失評価

● 遮音パネル、窓ガラスの透過損失評価

● その他
輸送用機器、電気・精密機器、機械メーカー他、多数の導入実績があります


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf工業製品における遮音性能の評価

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション