機構モデルを活用した振動解析

TOP > ものづくりソリューション > 解析(CAE) > 機構モデルを活用した振動解析

機構モデルを活用した振動解析

概要

設計の初期段階で、動きを伴う製品システム全体の振動特性を効果的に検証できる!
本ソリューションでは、複数のシステム部品の振動現象を効果的に解析するシミュレーション環境の構築をご支援いたします。

構成部材の弾性特性を考慮したシステムモデルを組立て、外部加振、制御ユニットの作用を含むシステム全体の振動挙動を予測することが可能です。

お客様のご要望に合わせたモデルの作成など、ISID独自の技術支援サービスにより、最適なソリューション環境の構築を支援します。以下の作業をサポートします。
-モーダルデータ作成
-Adamsモデル作成
-加振解析(制御との連携もプラス出来ます)
-解析結果のコリレーション作業

現場の抱える問題

・機構を含むシステムの振動問題では、どの部分(部品)が振動源なのかが分からないことがある
・動的システムの騒音や振動を最適化すると、耐久性や運動特性にとって相容れない結果となってしまう
・有限要素法解析では、ダイナミックな機構要素を含む振動解析が困難
・振動低減に対する制御システムの効果の予測が困難

期待される効果

・システム全体の振動挙動における、各振動パラメータの影響の検討が行えます
-設計の初期段階から、物理的に正確なシステムを用いた振動原因の特定、修正が可能となります
・時間領域での運動解析と周波数領域での周波数解析を有効に組み合わせることが可能になります
-さまざまな動作点における幅広い周波数範囲の振動解析が行えます

事例

●ロボットアームの位置決め制御

●風力発電機のブレード振動

●その他
輸送機器、電気・精密機器、機械メーカ他、多数の導入実績があります。


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf機構モデルを活用した振動解析

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション