Simcenter 3D

TOP > 製品・サービス > Simcenter 3D最先端3Dシミュレーションのソリューション

Simcenter 3D
最先端3Dシミュレーションのソリューション

 

Simcenterは、シーメンスPLMソフトウェアの開発による次世代の3D CAEソフトウェアで、Nastran、SDRC I-deas、NX CAE、およびLMSを含む、実証済みのCAEツールの技術が組み込まれた統合ソリューションです。

Simcenter 3Dは、オープンで拡張可能な3D CAEの統合環境を提供し、設計、1Dシミュレーション、試験、およびデータ管理との連携を可能にする、Simcenterのポートフォリオソリューションです。

 

製品性能の正確な予測

複合領域のシミュレーション
  • 構造、音響、流体、熱、機構、複合材、最適化、マルチフィジックス解析
 

シミュレーションプロセスの加速

より現実に近いシミュレーション
  • 1Dと3Dの連成解析、実験と解析のハイブリッドモデリング
ジオメトリーと有限要素の最先端モデリング機能
  • モデル抽象化や編集作業を効率化するシンクロナス技術
設計モデルと解析モデルの連携
  • 設計モデルの形状編集結果に追従し、メッシュ、境界条件を自動更新
​​

 

柔軟性と生産性の向上

オープンな拡張性を備えた環境
  • マルチCAD、汎用ソルバーをサポートし、既存の解析ワークフローの統合と拡張が容易
ナレッジの蓄積と処理の自動化
  • 統一されたユーザーインターフェース環境で、様々な分野のユーザー経験やノウハウの知識ベース化と自動化のカスタマイズが容易

 

プリポスト処理のエンジニアリングデスクトップ

 

強力な形状モデリング基盤


Simcenter 3Dでは、製品設計モデルを共有し解析モデルの編集操作を行うことができます。シンクロナス技術を利用したダイレクトモデリングにより、直感的な方法で形状編集の作業を解析担当者がすばやく行うことが可能です。

解析モデリングの処理を設計モデルに対応付けることで、設計モデル変更に伴う解析モデルの更新を自動的に行うことができます。

さらに、形状簡略化の自動処理機能を用い、小さな穴、ステップ、スライバなどのフィーチャーを効率良く修正し、高い精度を維持する適切な解析モデルを短時間で作成することができます。
 
      
 

アプリケーション指向のプリポスト処理


Simcenter 3Dでは、CADアセンブリを機構解析用のメカニズムに自動的に変換することができます。アセンブリ拘束からジョイントや結合条件を定義し、コンポーネントジオメトリから剛体運動リンクを作成します。

Simcenter 3Dでは、1D、2D、および3D要素、サブシステムのアセンブリ、材料プロパティ、複合材特性、荷重、および境界条件の適用を使用した、自動および手動メッシュ生成用の多数機能が利用できます。流体領域メッシュ生成の高度なツールも提供され、これらアプリケーション指向の機能は統一の共通ユーザー環境で使用することができます。

Simcenter 3Dでは、内蔵ソルバーと業界標準の汎用ソルバーに対応したモデルを作成することができ、それぞれのポスト処理ツールが用意されています。Simcenter 3Dは、構造、熱、流体、音響解析、機構など、広範囲の領域をサポートします。
 
    
 

複合材構造のモデリングとシミュレーション

 

Simcenter 3Dには、積層材構造部の解析のために、空間ベースと層ベースの技術を組み合わせて利用する効果的なモデリング専用ツールが用意されています。設計モデルとの関連付け機能を利用して、最終設計までに更新された内容を解析モデルに反映することができます。

さらに、Simcenter 3Dは、複合材エンジニアリング用ソフトウェアFibersimとの連携により、複合材構造物の設計者と解析チームとの緊密な協調エンジニアリング作業を支援します。


 


 


Simcenter 3Dの特徴 1/4
    ページ移動>   1   2   3   4   




 


 





 

エンジニアリングチームのための拡張可能なソリューション

 






 

製品開発のためのすべてのソリューションを提供


高度なモデリング機能と複合領域シミュレーション機能を提供するSimcenter 3Dは、解析担当者の理想的なツールです。各領域の専門家は、Simcenter3Dを利用して、製品開発のための統合ワークフローとポスト処理を行うことができます。シミュレーション活用を解析の初心者や設計者に広げる際には、Simcenter3Dのシミュレーションテンプレートとワークフローを用い、操作手順をわかりやすく示して適切な解析実行を誘導をすることが有効です。

Simcenter 3Dが提供する視覚的な対話操作の環境で、複雑な荷重条件にある構造物システムの線形および非線形の動的応答特性の評価を行い、ランダム振動、過渡状態、高調波、および衝撃スペクトルなどの挙動を予測することができます。

Simcenter 3Dは、電子機器製品や衛星などの宇宙システム機器の熱特性を評価する専用アプリケーションを提供します。流体領域の複雑な形状をすばやく作成し、製品性能に影響を及ぼす流体効果の予測のために、圧縮性流れ、非圧縮性流れ、1D流体ネットワーク、非ニュートン流体の解析を行うことができます。

Simcenter 3Dには、境界要素および有限要素の音響解析のメッシュ作成ツールとソルバーも用意され、内部音響と外部音響の正確な振動音響の検討が可能です。Simcenter 3Dは、NX Nastranソルバーの自動整合層(AML)技術を活用し、外部音響放射用の最強ソリューションを提供します。また、吸音とトリム材料の精密なモデリングのための多数ツールが用意されています。

Simcenter 3Dは、NX Nastran、LMS Samtech Samcef、Ansys、Abaqus、LS-Dynaなどの最先端ソリバーの動的非線形、進行性破壊および層間剥離シミュレーションで解析される、複合材料プロパティを扱うことができます。専用のポスト処理および高度なレポート作成ツールを用い、シミュレーション結果から問題領域を把握することを効率良く行うことができます。

Simcenter 3Dを用いて専門家の知識とベストプラクティスワークフローを要約し、モデリングの効率性を高め、単調で退屈なプロセスの自動化をすることができます。これらのカスタマイズ機能により、シミュレーションの適用範囲の拡大や、自社固有のツールやソリューション技術との統合を行うことができます。

 
 
 


 


Simcenter 3Dの特徴 2/4
    ページ移動>   1   2   3   4   


 

 

複合領域のシミュレーションと最適化

 

複合領域シミュレーションを結びつける共有プラットフォーム


Simcenter 3Dは、複合領域を結合する統合プラットフォームにより、解析ワークフローの効率化をします。同じ基本モデルのデータを共有し、モデル準備の手順が統一されて、モデリングの不適合が取り除かれます。

統合プラットフォームは、時間を浪費し、エラーが生じやすいファイル転送を不要にします。関連付けられた方法で、実行済みの解析データを次の検討作業に効率良く再利用することができます。

統合されたアプローチにより、ソフトウェアの利用が簡素化されます。解析担当者は、インターフェースに慣れると、さまざまなアプリケーションのモデルの構築方法も理解できるようになります。チームメンバーの担当タスク実行が容易になることで、ワークフロー管理の柔軟性が向上します。
 
           
 
 

複合領域の検討の深さと幅


Simcenter 3Dが提供する機能

• 線形および非線形構造解析
  静的および動的、ノーマルモード、座屈、大きな変位/歪み、材料硬化、クリープおよびその他の最新機能
• 短繊維および長繊維複合材の解析
  複合材積層の最適化、および損傷と亀裂の進展に対する技術
• マルチボディダイナミクス
  剛体、弾性体、制御と1Dモデルとの連成統合を含む
• 耐久性および疲労寿命予測解析
• 定常、非定常伝熱解析
  伝導、対流、放射を含む
• 流体解析
  層流、乱流モデル、二相流、混合対流、凝縮、および粒子追跡を含む
•振動-音響解析
  有限要素方法、境界要素方法、最新のポスト処理技術
• 試験と解析のコリレーション
  有限要素モデルの更新
 
      
 

マルチフィジックス解析の実現


リアリティーのあるシミュレーションは、物理的なドメイン間の実際の相互作用を考慮する必要があります。Simcenter 3Dでは、世界水準のソルバーを1つのプラットフォームで使用することができ、信頼性の高いマルチフィジックス解析を安全に効率良く実施することができます。1つの解析の結果を次の解析に容易に展開し、さまざまな物理的ドメインを、複雑な外部データとのリンクをせずに、安全に結びつけることできます。構造物の機構に基づく荷重を適用し、弾性体と制御を含むマルチボディーダイナイナミクス解析、振動音響解析、熱応力変形解析、伝熱流体解析、その他の強連成と弱連成の解析を容易に行うことができます。


 

最適化解析の活用による設計の推進


共通プラットフォームで利用できる幅広いソルバーを、設計の多元要素の同時最適化のプロセスで利用することができます。
Simcenter 3Dでは、設計の変更に追従する高速の繰り返し解析の機能が提供されます。高度な形状ベースと有限要素ベースの最適化機能により、プロセス全体で形状を最適化する、解析駆動型の設計を可能にします。
 
 


 


Simcenter 3Dの特徴 3/4
    ページ移動>   1   2   3   4   


 



 

複雑な製品のためのインテリジェント統合モデル

 

複雑なシステムの効率的なモデリング


Simcenter 3Dにより、様々なコンポーネントで構成される複雑な製品を効率良くモデリングすることができます。一般的に単一の全体解析モデルを作る従来のCAEプロセッサーとは異なり、Simcenter 3Dでは、CADアセンブリモデリングと同様に、コンポーネントモデルのインスタンス化と接続によって、有限要素アセンブリを作成することができます。設計が変更されると、ソフトウェアが、アセンブリ内すべてのコンポーネントのインスタンスと接続を自動的に更新します。

有限要素アセンブリモデルが数百万規模の自由度(DOF)を含むことは通常のことですが、今後、モデルサイズは大幅に増加することが予測されます。Simcenter 3Dのソルバーは、大規模な解析であっても問題が生じないように設計されています。構造、流体、および音響ソルバーは、分散メモリ並行化(DMP)プロセスと共有メモリ並行化(SMP)プロセスで実行することができ、必要に応じて計算の劇的な加速が可能です。

有限要素アセンブリモデルと試験結果を連携させることができ、予測精度と計算速度を向上させることもできます。
 
 
 
 

フルシステム解析の自動化


Simcenter 3Dは、オープンなプラットフォームで、外部のデータソースとソルバーとの接続が容易です。任意の開発プロセスと非常に簡単に統合することができます。データモデルの基盤は、設計者と解析担当者間の協業とデータ共有を意識して設計されています。

今日の複雑な製品は、機械コンポーネント、ソフトウェア、電子機器、制御が含まれています。開発中の過程では、これらがどのように相互作用するかを理解することが重要です。Simcenter 3Dには、機構モデルと、Matlab® Simulinkソフトウェアで設計され解析された制御モデルとを結合した相互シミュレーション機能があります。この機能により、スマート製品の性能予測のために、機械と制御を同時に効率良く解析することができます。
 
 


 


Simcenter 3Dの特徴 2/4
    ページ移動>   1   2   3   4   


 

        
 

Simcenter 3D 構成モジュール

■ NX CAEからの移行製品
 NX CAEの既存製品は、NX 11のリリースの時点でSimcenter 3Dの対応製品に移行します
 
  

 
































 

■ 新規リリース製品

 Simcenter 3Dで新たに追加された製品
 

 



 
資料請求はこちら