LMS Imagine.Lab Sysdm モデルベースドエンジニアリングのデータベース管理

TOP > 製品・サービス > LMS Imagine.Lab Sysdmモデルベースドエンジニアリングのデータベース管理

LMS Imagine.Lab Sysdm
モデルベースドエンジニアリングのデータベース管理

概要

モデルベースド システムエンジニアリングは、システムレベルのモデルを用い、新しいインテリジェントな製品の機械、油圧、空圧、熱、電気、電子などの現象の複雑な相互作用を表現し、全体の性能や挙動を予測するシミュレーションにより実現します。そして、部品、サブシステム、システムレベル全体のモデルを作成する複数のエンジニアリング部門の協調作業と、組込みソフトウェアを開発する制御エンジニアリング部門とのプラントモデルの共有がモデルベースド システムエンジニアリングを成功させる重要な鍵となります。革新的な製品の開発で多くの役割を担うサプライヤーとの協調作業の必要性も増大してきており、さらに、より洗練された高度な機械制御システムを含む製品では、モデルベースド システムエンジニアリングの早期適用が必須になっています。
LMS Imagine.Lab Sysdmは、Amesimおよび他のシステム シミュレーションツールで作成されたシステムモデル、ライブラリ、アーキテクチャーを管理し、モデルベースド エンジニアリングの協調作業の環境を提供します。 Sysdmにより、ユーザ定義の構成でシステム シミュレーションのモデルとデータを管理し、分類、保存、検索、再利用を容易に行うことができます。
導入効果 機能
  • システムエンジニアリング技術者と制御技術者の円滑な協調作業を推進
  • 複数組織で管理されている同時並行の分散型開発を可能にする
  • 製品リリース管理の作業を支援
  • 要素とオブジェクトの作成
  • 分類の定義、修正、操作
  • ロールベースのアクセスによるワークフロー管理
  • 新規バージョンや検証済みバージョンのオブジェクトの配布
  • 属性に関連するメタ情報注記の統合
  • 操作が簡単な高度な検索機能
  • バランシングとオブジェクト連携からモデル相互関連を構築
  • グラフィカルバージョン履歴の活用
  • AmesimとSimulinkのユーザライブラリーを管理
 

関連製品



 

特徴

 

ユーザ定義の構造で、システムモデルを管理

  • システムモデルやパラメーターセット、スクリプト、実験結果などの関連データを階層的に取り扱い、モデルベースド エンジニアリングの仮想エレメントや収集データとして活用
  • システムモデルの領域または組織別によるクラス分類と、可視化
  • システムモデルやデータの直感的な検索と抽出




 

複数ユーザによるモデル開発の協調業務を支援する、役割に基づくアクセス制御

  • ユーザの役割、機能、責任に応じ。システムモデルへのアクセス権を定義
  • ユーザ固有プロファイルに従い、役割に基づくビューとモデルへのアクセスを制御
  • モデルのチェックイン、チェックアウト、検証、新バージョンのアップロード、更新したモデルやデータの配信などの協調業務のワークフローの実装



 

制御、プラント、システムエンジニアリングの開発コミュニティー間の効果的なモ​デル共有

  • モデルライフサイクル管理のためのバージョン管理機能
  • 製品開発ステージやシミュレーション目的別の派生データをマネジメントできる、部品、サブシステム、システムモデルなどの各種インスタンスの管理機能
 



 

リソースとノウハウの効果的な活用による、システム開発の効率向上

  • Amesim、Simulinkおよび他システムシミュレーションツールの利用によるモデル管理が可能なオープンな環境
  • スタンドアローン構成による各デスクトップ環境でのシステムモデル管理
  • クライアント構成によるAmesimとの統合化






 
資料請求はこちら