LMS Imagine.Lab System Synthesis システムモデルの統合、構成、アーキテクチャーの管理

TOP > 製品・サービス > LMS Imagine.Lab System Synthesisシステムモデルの統合、構成、アーキテクチャーの管理

LMS Imagine.Lab System Synthesis
システムモデルの統合、構成、アーキテクチャーの管理

概要

現在のシステムエンジニアリングでは、トップダウンアプローチに基いて製品要件から機能が定義され、それらがシミュレーション可能な機械や制御のサブシステムに変換されます。LMS Imagine.Lab System Synthesisは、物理モデルと制御モデルのサブシステムを組合せて全体システムの論理構成に統合し、シミュレーションのためのシステムモデルの作成とシミュレーション実行を管理するプラットフォームです。
System Synthesisを用いて、システムのアーキテクチャーを作成し、次にシステム挙動を評価する適切なモデルを作成し解析を実行することができ、システムエンジニアとアーキテクトが概念設計の作業をシームレスに進めることができます。
Systems Synthesisは、ツールに依存しないオープンな環境を提供し、アーキテクチャ主導のメカトロニクスシステムの開発を可能にします。アーキテクチャー主導型設計では、トップダウンの手法により、物理モデル、制御モデルおよびライブラリーで構成されるアーキテクチャーモデルの作成または、外部のツール中立のアーキテクチャーモデルをインポートすることから始まります。​Amesim、Simulink、C-Codeおよび他システムシミュレーションツールで作成されたモデルを使用し、制御対象のプラットフォームとの連成シミュレーションを実行することができます。System Synthesisを用いることで、システムモデリング作業に早期着手し、アーキテクチャー構成に注力することができ、様々なタイプの詳細シミュレーションのための正しいインタフェースを定義することが可能になります。


 
導入効果 機能
  • システム統合のための工数と時間を大幅に削減
  • システム性能の種別(エネルギー管理、操縦性、航空機飛行性能など)を横断した解析を容易に
  • 開発業務の分散化と同時並行を可能にする、システム開発のモジュラー化
  • 少数の包括的なリファレンスアーキテクチャーの利用による、複数システムモデルの生成とシミュレーションの効率的な実施
  • SysML、Amesim、Simulinkで定義されたリファレンスアーキテクチャーのインポート
  • マルチレベルの異種構成をサポート
  • Amesim, Simulink, SysMLで定義されたアーキテクチャーモデルの構成作成
  • Sysdemと連動し、モデル管理機能を共有
  • 解析プリ処理、ポスト処理とのオープンインタフェースとワークフロー管理のスクリプト機能
  • CosiMate準拠の連成シミュレーションのサポート
 
 

関連製品



 

特徴

 

システムアーキテクチャーのインポート

  • Amesim、Sumulinkで作成された、または SysMLフォーマットで定義されたアーキテクチャーを参照用にインポート
  • 参照アーキテクチャーをツール非依存形式で保存
  • 要件、実験結果、利用目的などのメタ情報をアーキテクチャーに追加



 

システムアーキテクチャー構成の作成

  • ライブラリやSysdmサーバーに保存されたモデルを用い、システムアーキテクチャー構成を作成
  • 構成作成中にAmesimのライブラリやサブモデル、Simulinkライブラリ、および連成シミュレーションのモデルを取込
  • 参照アーキテクチャに加えられた変更をすべての構成に伝達することが可能
 


 

実行可能なシステムの作成

  • 構成を適用し実行可能なシステムを作成し、ネイティブのシミュレーションツールで開く
  • 様々な構成を選択し、シミュレーション実行セットを作成
  • バッチ実行結果のポスト処理スクリプトを追加
  • 構成の比較により、選択されたアーキテクチャを対比
  • HTMLレポートによる構成の出力



 

システムシミュレーションの実行

  • シミュレーション実行セットを選択し、バッチモードで実行
  • シミュレーション実行終了のステータスを構成単位に出力









 
資料請求はこちら