Teamcenter on AWS クラウドサービス

TOP > 製品・サービス > Teamcenter on AWS クラウドサービス

Teamcenter on AWS クラウドサービス


 

概要

Teamcenterは、シーメンスPLMソフトウェアの開発による、世界で最も導入されている 製品ライフサイクル・マネジメント(PLM:Product Lifecycle Management)のソリューションです。
Teamcenterの活用により、製品ライフサイクルに関わる組織内のすべての人々が、必要な情報を必要な時に利用することが可能になります。製品開発の上流から製造、販売、保守に至るすべてのプロセスで、より優れた意思決定を迅速に行うことをTeamcenterが支援します。

Teamcenterは、サードパーティのクラウド基盤サービスモデル(Iaas)の環境に展開して利用することができます。
ISIDは、Amazon Web Services(AWS)の認定プロバイダーとして、AWSクラウド上にTeamcenter利用環境を構築し、運用維持するサービスを提供します。
システムの不具合を能動的に検知し、速やかにリカバリーを行うことができる為、より安定した環境でTeamcenterをご利用いただけます。
 

サービスの特徴

導入期間の短縮


Teamcenter on AWSでは、AWSが提供するサービス基盤上にシステム環境をリモートで素早く設定することができます。自社内にシステム環境を構築する場合に必要となる、発注から据付、敷設、設定、運用などの設備の維持管理プロセスが不要になり、Teamcenterを利用するシステム環境を極めて短期間に構築することができます。
また、AWS上に構築されたシステム環境は容易に複製することができ、新規アプリケーションの開発や検証、教育トレーニングでの利用などの個別用途に応じた環境を短期間で構築することができます。
 

スケーラブルなリソース


Teamcenter on AWSでは、必要なときに必要なだけコンピューティングのリソースを利用することが可能です。
実際の利用規模に対応して調達するリソースの量を柔軟に変化させることができるため、将来を見越した大規模な初期投資などを回避することができます。
 

障害対策、事業継続対策


基幹業務システムの役割を担うTeamcenterのアプリケーションでは、安定して継続的に利用できることが重要な要件となり、ディスク、NIC、電源などのサーバーコンポーネントレイヤから、オペレーティングシステムやミドルウェアを含むシステム全体の冗長性を維持することが必要になります。
AWSのサービス基盤は、サーバーコンポーネント、サーバー本体、データセンターの全てが冗長化された構成で提供されています。オペレーティングシステムやアプリケーションレイヤの障害対策には、ISIDが提供する環境構築サービスを利用することができます。
さらに、AWSサービス基盤では、グローバルでのデータ保全の環境を維持するためのレプリケーションサイトの構築が容易で、事業継続の効果的な対策を講じることができます。
 

高いセキュリティ


Teamcenter on AWSでは、AWSとTeamcenterの二重のセキュリティ機能で守られた、安全な環境でシステムを利用することができます。AWSのサービス基盤は、堅牢な物理的セキュリティで守られた環境で運用されており、ファイアウォールやVPCなどによる論理的なセキュリティも追加することができます。さらに、Teamcenterのアクセス権設定を適切に設定し、アプリケーション内部のセキュリティ管理を強化することができます。設計データなど機密情報を多重のセキュリティで管理された環境に集約して利用することにより、組織全体でのデータ漏洩発生のリスクを低減することができます。
 

コラボレーションの強化


社内ネットワーク上のオンプレミス環境でTeamcenterシステムを利用する場合は、組織内情報システムとしてセキュアな環境を維持するために、外部ネットワークからの接続が制限されることが少なくありません。Teamcenterで管理されている情報を、遠隔地の社内拠点間や他社との協調業務で共有しようとする場合には、各拠点に設置されたサーバー同士のデータ連携の方法が一般的に採用されています。しかし、各拠点に分離されたTeamcenter利用環境を設置すると、それぞれのシステム構築コストの発生や、同一アイテムの情報が各拠点で重複して保存されるため、情報の一元管理が困難になることが問題になります。
Teamcenter on AWSでは、クラウド上の統一されたシステム環境がいつでもどこからでも利用可能で、ユーザは一元管理された情報をリアルタイムに共有することができます。さらに、Teamcenter on AWSのセキュアな環境の中で、他社サイトからのアクセスを適切に制御することができ、他社との協業活動を効率良く行うことが可能になります。

 

安心サポート


Teamcenterを導入し保守サービス契約を締結されているお客様に向けて、ISIDは契約期間中にリリースされるTeamcenterの新バージョンソフトウェアの提供と、ソフトウェア機能障害への問い合わせ対応のサービスの提供を行っています。お客様がオンプレミスでTeamcenterを利用されている環境では、ソフトウェア機能障害の現象が実行ログの情報で特定できない際には、問題の利用環境への依存状況の確認や検証をお客様が実施し、ISIDへ関連情報の提供をしていただくことが必要になる場合があります。
Teamcenter on AWSでは、AWSサービス基盤上のお客様のTeamcenter利用環境に、お客様の許諾の元でISIDが直接アクセスし、トラブル対応の遠隔サポートを提供することができます。
さらに、ISIDが提供する24時間365日のクラウド監視サービスを利用することで、お客様のTeamcenter利用環境で発生した問題や障害を早期に検知し、速やかに対策に着手することができ、システム停止による機会損失発生のリスクを低減することができます。
 

関連ページ

Teamcenter 製品ライフサイクル マネジメント ソリューション
 

 

システム構成のバリエーション


Teamcenter on AWSでは、お客様の利用規模や用途に応じて、適切な構成を構築することができます。
 

用途別の適切なシステム構成


① シングルサーバーの最小構成

Teamcenterの導入検証、パイロットプロジェクトでの数名のユーザによる利用、特定サプライヤとのコラボレーション環境など、用途が限定された場合の環境構築の例です。
複数クライアントが、必要とされる全ての要素を実装した1台のサーバーにアクセスして利用する構成です。バックアップ運用サービスと障害発生時の復旧対応サービスとを組み合わせて利用することができます。





② 複数サーバーと状態監視を含む標準構成 

単独の部署や部門のTeamcenter本番運用を目的とした場合などの、最も一般的な環境構築の例です。
データベースを搭載するサーバーと、ビジネスロジック、Webアプリケーション、ボリュームを搭載するサーバーとを2台に分けた、高パフォーマンスを確保する構成とします。
バックアップ運用サービス、障害発生時の復旧対応サービスに加え、24時間365日の監視サービスを追加することにより、障害発生時の早期復旧への備えができるようになります。





③ 負荷分散や冗長化を考慮した、ハイパフォーマンス構成 

全社および複数拠点でのTeamcenter本番運用を目的とした場合など、安定性とパフォーマンスを重視した環境構築の例です。
ビジネスロジックとWebアプリケーションを搭載するサーバーを複数台設置し、負荷分散と冗長化を実装することで、レスポンスと持続継続性を高めた安定的な運用を可能にします。
バックアップ運用サービス、障害発生時の復旧対応サービス、24時間365日の監視サービスの利用を含みます。




 

導入サービス

ISIDはTeamcenterの導入展開とAWSアプリケーション提供の豊富な実績に基づく業務知識とIT技術を活用し、お客様のTeamcenter on AWSクラウドサービスの導入を支援いたします。
Teamcenterの機能要件に合わせ、必要十分な性能を満たすシステム環境を設計し、AWSサービス基盤上に適切な環境を構築します。
また、Teamcenter導入済のお客様に対しては、ハードウェア、ソフトウェアとデータの利用環境をAWSサービス基盤上に移行するサービスを提供します。
 


 
資料請求はこちら