MSC Apex Modeler ダイレクトモデリングとメッシングのソリューション

TOP > 製品・サービス > MSC Apex Modelerダイレクトモデリングとメッシングのソリューション

MSC Apex Modeler
ダイレクトモデリングとメッシングのソリューション

概要

​​​MSC Apexは、ハイパフォーマンスでハイキャパシティな新しいCAE環境を提供する、将来のMSCテクノロジーのコアプラットフォームです。 ​​

MSC Apex Modelerは、幾何形状作成、簡略化、メッシュ作成などの初期のシミュレーションプロセスのタスクに取り組むエンジニアを対象としたソリューションを提供します。​

MSC Apex Modelerは、ダイレクトモデリングとメッシングのソリューションを提供する、習得しやすく、使易い、洗練された対話型ツールです。

 

 
MSC Apex Modeler
CADクリーンアップ、簡略化、メッシングのワークフローを合理化するCAEに特化したダイレクトモデリングとメッシングソリューション
 
​     

​関連ページ


   ・ MSC Apex 最先端のCAEモデリングと統合化解析の環境
   ・ MSC Apex Structures エンジニアと解析専任者のための完全に統合された創造的な構造解析ソリューション

 
関連製品


​革新的なユーザー環境​

使いやすく、習得しやすい

MSC Apexには、アプリケーションを使いやすくするための、多目的ツールが組み込まれています。
生産性向上のために、チュートリアル、ビデオ、ドキュメンテーション、ワークフロー、
マウス位置でのインストラクションなどの多数の学習補助機能を備えています。

 

モデルブラウザ

MSC Apexは、モデルコンテンツの階層をツリー表示するモデルブラウザを提供します。
ユーザーはモデルブラウザを使って、複数のオブジェクトの色、レンダリング、可視性などをコントロールすることができます。
さらに、検索、フィルタ、ソートの機能によりモデル内の特定のアイテムに素早くアクセスすることが可能です。




 

​CAEのためのモデリングとメッシング​

ダイレクトモデリング

MSC Apexは、インタラクティブに形状を作成し修正することができる、ダイレクトモデリング機能を提供します。
ユーザーはエンティティ(フェイス、エッジ、頂点)を選択し、それらをプッシュ、プル、あるいはドラッグするだけで簡単に形状を編集することができます。
編集中はプレビューがリアルタイムに表示されるため、ユーザーは意図する形状変更を確実に実行することができます。

 

フィーチャベースメッシング

MSC Apexは、自動的にフィーチャを識別して適切なメッシュサイズとアルゴリズムを適用する、フィーチャベースメッシング機能を提供します。
各フィーチャのメッシングルールがあらかじめ設定されているため、ユーザーは基準メッシュサイズを指定して自動メッシングを実行するだけで、モデル全体のメッシュを作成することができます。
​また、各フィーチャに対して独自のメッシングルールを追加することで、より高品質なメッシュの作成が可能になります。

 

自動リメッシュ

MSC Apexは、モデル形状の変更に対応し、メッシュの修正が必要な領域を自動的に検出してリメッシュを行います。
​すでにメッシュが作成されたモデルに対し、ダイレクトモデリング、形状クリーンアップ、修復ツールによる形状変更が加えられると、メッシュと形状の整合性が自動的に維持されます。
​ユーザーはメッシュ修正作業の手間を気にすることなく形状の削除、変更、修正を行うことができます。
 




​​ダイレクトモデリングとメッシングワークフロー

MSC Apex Modelerによる解析モデル作成の一般的なワークフローを以下に示します。
作成した解析モデルは、BDFフォーマットのデータファイルに出力できます。

​​​
1  形状データのインポート

解析対象となるモデルの形状データをインポートします。
インポート可能な形状データとして、ACIS, CATIA, Solidworks, Unigraphicsなどのファイル形式がサポートされています。
 2  多くの不要なフィーチャの削除

形状データから不要なフィーチャを削除します。
面取り、穴、円筒などのフィーチャのタイプと寸法範囲を指定すると、モデル内のフィーチャを自動的に認識し分類します。
分類したフィーチャはグループ単位で選択、削除できます。
​​ 3  インタラクティブな中立面抽出

自動または手動で中立面の作成ができます。
中立面の作成のオプションには、自動オフセット、一定厚さ、距離オフセットが用意されています。
 4  ダイレクトモデリングでのサーフェス修復

エッジあるいは頂点を選択し、ドラッグして形状を変更します。
ダイレクトモデリングでは、ドラッグが実行されている間はリアルタイムにプレビューが表示されます。
 5  メッシュ作成とメッシュ品質の定義

メッシュサイズ、要素タイプ、メッシュシードとフィーチャに基づき、モデルをメッシュします。
​​
 6  ダイレクトモデリングを使用した修復の継続とメッシング

すでにメッシュが作成されている場合でも、ダイレクトモデリングを使用して形状を修正することができます。
穴埋めや穴あけ、フィーチャの削除などの形状の修正に対応して、メッシュモデルの修正が自動的に実行されます。

 
​​

機能一覧

機能 内容
スケッチ
  • ライン、四角形、円、楕円、フィレット、面取りのスケッチ
  • 投影、分割、既存のスケッチの修正
形状修正
  • プッシュ、プル、あるいは頂点、エッジのドラッグによる
    ​ソリッドとサーフェスの修正
  • サーフェスの分割、フィル、スティッチ
  • 頂点の追加、削除と頂点またはエッジの抑制、非抑制
  • フィーチャ認識とフィーチャ削除​
中立面抽出​
  • 自動オフセット、一定厚さ、距離オフセットによる中立面の抽出
メッシングとメッシュ修正
  • カーブ、サーフェス、ソリッドへのメッシュ作成
ビーム、四角形、三角形、
​テトラの自動要素分割
  • 形状修正に伴うメッシュの自動更新
  • フィーチャベースメッシングまたはメッシュシードによる
    メッシュの改善
モデルブラウザ
  • モデル階層に基づくパートとアセンブリの管理
  • モデル検索クエリの実行
  • 色、透過性、可視性のコントロール
その他
  • オブジェクトのインタラクティブな移動、回転、コピー
  • 元に戻す、やり直す(UNDO)
  • アプリケーション機能追加リクエストやエラーレポートツール
学習とサポート
  • 動画、ワークフロー、マウス位置でのワークフロー、
    検索可能なドキュメンテーション
複数言語サポート
  • 英語、日本語、中国語
​​
 

​​航空機のバルクヘッド

従来のCAEツールを使用した場合、メッシュ作成が完了するまでに50時間かかっていました。
MSC Apex Modelerでは、たった5.5時間に短縮できました。
中立面の抽出、分離したサーフェスの接続、メッシュ作成、板厚とオフセットの割り当てのための労力はほとんどなくなりました。
 







 

ハードウェア要求

システム要件 スペック

ハードウェアプラットフォーム

Intel Core 2 Duo, I7 and Intel Xeon, Intel Core 2 Quad

オペレーティングシステム

Windows 7 Enterprise, Professional, and Ultimate Editions
(Service Pack 1, 64 bit)

メモリ

最低8 GB、 推奨16 GB (またはこれ以上) 

スワップ領域

メモリサイズの1.5倍

グラフィックデバイス​

1280x1024 以上の解像度

グラフィックカード

最低1GBの専用メモリを持つ高性能グラフィックカード

その他

3ボタンマウス

​​
 

サポートされているファイル形式

幾何形状ファイル

 

ファイル形式

サポートバージョン

ACIS

ACIS R21 まで (*.sat)

CATIA V4

CATIA 4.1.9, CATIA 4.2.4

CATIA V5

R10からR22

IGES

3, 5

Inventor

2011まですべて (*.ipt)

Parasolid XT

26まで

Pro/Enginner part files

Pro/Enginner 13 から Creo 2 (*.prt, *asm)

SolidWorks

2012まですべて (*.sldprt, *.sldasm)

STEP

AP203, AP214 (*.stp)

Unigraphics

Unigraphics 11からNX8まで


出力ファイル

 

ファイル形式

ファイル拡張子

Parasolid XT

*.xmt

MSC Nastran
バルクデータファイル

*.bdf

​​ ​​
 
資料請求はこちら