Teamcenter Manufacturing デジタル マニュファクチュアリング ソリューション

TOP > 製品・サービス > Teamcenter Manufacturingデジタル マニュファクチュアリング ソリューション

Teamcenter Manufacturing
デジタル マニュファクチュアリング ソリューション

 
 

Teamcenter Manufacturing

 

デジタル マニュファクチュアリングの環境を提供する統合ソリューション


製品設計と製造現場で起きていることの間で、食い違いや大きなキャップが生じていることがよく見かけられます。全てのエンジニアリングと製造の情報を一箇所に集め、どのようなプロセスが実施される予定なのかを誰もが明確な理解ができるようになれば、企業に大きな利益がもたらされます。どこにどのような差異があるのか、なぜ違うのか、何をすべきなのか、が判ることで競争力を高めることができます。
Teamcenter Manufacturingが提供するデジタルマニュファクチュアリングの環境では、製品設計と製造エンジニアリングとを同じ環境で実行することができ、早い段階から協調作業を平行してして取り組むことで、製品イノベーションと市場投入までの時間に劇的な影響を与えます。
Teamcenter Manufacturingは、製造プロセスの計画、シミュレーション、生産実施の各領域と、設計から量産までのすべての領域を横断する情報の同期で優れた優位性をユーザに提供します。
 

領域とアプリケーション

工程の計画
工程の検証
生産立上げと仮想量産

 

Teamcenter Manufacturing Process Planner

 

アセンブリ製造プロセスのプランニング ソリューション


Teamcenter Manufacturing Process Plannerは、製品設計や製造部門のエンジニアが協調作業を行える環境で、製品設計と製造工程の定義を同時並行で行うことを可能にします。製造の要件や制約を考慮した設計、設計の制約を考慮した製造工程の検討を行うことができ、Teamcenterの変更管理機能を活用して、開発や製造のすべての段階で生じた変更内容に的確に対応しながら、正しい製品を正しく製造することが可能になります。
設計、生産技術、製造、サプライヤなどの製品の開発製造にかかわるすべてのメンバーが、一元管理されたエンジニアリング情報を共有することができ、早期段階から複数のシナリオを検討しながら、生産設備や資源を最大に活用し最適化された製造プロセスの計画が可能になります。
   
 

優れたユーザインタフェース、高度な表示機能を用いたダイナミックな3D作業指示


操作性の高い直観的なインタフェースとダイナミックな可視化機能により、組立工程の検討内容の的確なフィードバックがユーザに提供されます。3D作業指示書を作成して、組立て作業の明快で正確な指示を行うことができ、作業現場でのエラーを削減することができます。Teamcenter Manufacturing Process Plannerを用いることで、全体の変化を把握しながらさまざまな製造計画の意思決定を進め、最善策を素早く選択することができます。

 

設計BOMと製造BOMの突合せ

 

多くの製造企業では、設計BOMと製造BOMとが異なるシステムで運用されています。新規製品を市場に投入する場合は、製品の設計変更が頻繁に行われる一方で、製品化までの時間は常に短縮することが求められ、設計BOMと製造BOMが異なることにより多くの非効率なプロセスが生じています。Teamcenterのプラットフォーム環境で製品と製造プロセスの情報が統合化されることにより、エンジニアは設計変更に対応して製造プロセスの計画の更新を素早く行うことが可能になります。
設計BOMと製造BOMの連携関係をチェックし整合性を確認する強力な機能を利用し、製品設計や製造プロセスの変更の影響を素早く可視化し検証することができます。製品と製造のエンジニアリングの同期により、多額の対策コストを要する生産段階で生じる問題を未然に防ぐことができます。 

製品と製造プロセスの情報を一元管理


設計BOM、製造BOM、さらに製造の設備とプロセスの構成情報(Bill of Process:BOP)を含む、一元管理されたエンジニアリング情報が企業レベルで共有されることにより、製品設計と製造計画の検証と最適化のための協調作業を効率良く行うことが可能になり、利用可能な製造設備を可視化し、設備を最大に活用するための検討を行うことができます。製造段階で生成される大量の複雑なデータは製品設計段階のデータに比べ何倍にもなりますが、実績に裏付けられたTeamcenterの大規模データ管理機能の高い信頼性により、ユーザは大量の製造プロセス情報を確実に活用することができます。
   
 



 


工程の計画 1/5
    ページ移動>   1   2   3   4   5      

 

Teamcenter Manufacturing Process Planner

 

工程手順、レイアウト設計の視覚化


プロセスのガントチャートを用いて、初期のレイアウト計画を直観的に行い、タスク間の依存関係や制約条件を示すことができます。パート図は、特定のオペレーションに連動するプロセスや部品またはアセンブルとの間の同期を詳細に定義することに活用できます。部品、リソース、製造フィーチャーは、直接にパート図の要素として組み込まれ、作業工程手順を整流化し、変更管理を容易にする、直観的な可視化されたシグナルとして利用することができます。
 
 

製造工程と時間の管理、分析

 

Teamcenter Manufacturing Process Plannerは時間管理のための包括的なソリューションを提供します。チャートとレポートを用い、プロセス階層の様々なレベルの活動時間を検証することができ、付加価値作業と非付加価値作業とが可視化され判別できるようになり、構造化された作業の累積時間を予測することが可能になります。
Teamcenter Manufacturing Process Planneは時間管理標準ツールとの連携も可能で、TiCONなどから標準時間データをTeamcenterと統合化することができます。









 


 


工程の計画 2/5
    ページ移動>   1   2   3   4   5      


Teamcenter Advanced Assembly Planning

 

マルチ製造拠点のアセンブルラインの最適化


 

Teamcenter Advanced Assembly Planningは、製品の製造プロセス構成(Bill of Process:BOP)と製造拠点毎に異なるプラントBOPを構築することができます。製品BOPは、プラントに依存しない製品の製造に必要な情報として、部品、サブアセンブリ、製造作業の処方、資材を含みます。プラントBOPは、各々の製造拠点固有の製造プロセスを示す情報として、ステーション、セル、作業リストなどを含みます。
Teamcenter Advanced Assembly Planningは、製品組み立ての製品BOPを中心と したビュー、製造拠点のプラントBOPを中心としたビューの橋渡しを行います。
Teamcenter Advanced Assembly Planningはラインバランスのツールを活用し、既存ラインのレビューと生産最適化を即座に実施することができます。ラインバランス機能により、規定のタクトタイムの超過が生じると該当ステーションが識別され、直ちにステーション間のラインバランスを確保できるよう全体オペレーションの組み換えを行い、資源を効果的に活用できるようにします。

 

BOP標準化、既存BOPの再利用を促進し、新製品の製造手順を素早く定義


標準製品BOPに定義されている標準製造手順を引き継いで、新規製品のアセンブルプロセスを素早く定義することができます。
これにより、新規製品の製造手順の構築にかかる時間を大幅に短縮し、製品プラットフォームと既存設備の製品とプロセスの
トレーサビリティの標準化が確保されます。適用ルール、論理的な部品定義のインテリジェント制御により、プロセス内に費やされる部品と一致する製造条件のセットが定義されます。ルールと条件が満足されると、単純なコマンドで関連部品が各プロセスに自動的に組み込まれます。

 

設計変更が及ぼす影響がわかる、完全なトレーサビリティ

 

Teamcenter Advanced Assembly Planningにより、一つの製品の一つの設計変更がすべての既存製造拠点にどのような影響を及ぼすかを予測することができます。多数拠点でグローバルな製造をしている企業では、必要な修正対策を講じるために、製品設計変更が既存のすべての製造拠点でどのような影響があるかを素早く可視化することができます。
反対に、フレキシブル生産ラインを所有し多種製品の同時生産をしている場合には、製品設計変更が同じラインで製造している他の既存製品の生産にどの様な影響があるかを分析することができます。

多数生産拠点への影響伝播を柔軟に制御


製品変更が多数生産拠点に影響を与える場合、各プラントに変更をどのよに伝播させるかを柔軟に制御することが必要です。変更展開のフェーズ別アプローチを反映させながら、プラントの更新は各々独立して実行することができます。一つのプラントを新製品変更に対応してアップデートし、他のプラントは現状維持を選択することができます。製品変更を製造ラインに反映させる運用を段階的に柔軟に進めることによって、急激な中間サイクルの設計変更に起因する生産停止を回避することができます。

 

生産計画の初期段階でのラインバランスの実施

 

Teamcenterを利用し、アセンブルステーションの生産負荷の分布を簡単に最適化することができます。ラインがバランスしたことを確認し、リソースが効果的に利用されコスト効率が市場投入の条件に見合っているかを理解することができます。対話操作のチャートを用いて、過負荷となり規定のタクトタイムを超過しているステーションを可視化することができます。素早くラインバラスを達成するために、ドラッグアンドドロップの簡単な操作で、ステーション間のオペレーション分配を調整することができます。

アセンブリ工程の可視化と高度な分析が可能な直観的なユーザインタフェース

 

直観的な操作が可能な高度にダイナミックなユーザインタフェースにより、製品BOPとプラントBOPをを容易に扱うことができます。選択同期機能により、タスクの中の操作対象を正しく把握し、意思決定を素早く行うkとができます。製品BOPとプラントBOPの連携関係をチェックし整合性を確認する強力な機能を用いて、背反問題を可視化し、解決することができます。ラインバランスを効果的に行うために、対話操作により事前の制約条件をオペレーション間に簡単に設定し、複数ステーションを可視化して扱うこと可能です。制約条件違反のチェック機能を用い、生産フローに反する箇所をグラフィカルに表示することが可能で、エラー修正に必要なステップに直ぐに対応することができます。

 


 


工程の計画 3/5
    ページ移動>   1   2   3   4   5      


Teamcenter Manufacturing 3D PDF Documentation

 

高機能なダイナミック3DのPDF作業指示書

Teamcenter Manufacturing 3D PDF Documentationは, 事前に組み込まれたテンプレートを使用できる、直観的な豊富な情報を含むPDFフォーマットの3D作業指示書です。このドキュメントを編集し配布するプロセスを企業の基幹CADやTeamcenter PLMのプラットフォームと密接に統合化することができ、ドキュメントは常に最新の内容のものとなり、どの様な変更の影響も直ちに下流工程に伝達することが可能になります。このソリューションにより、直観的で表現豊かな2D/3D PDF作業指示書を簡単に作成し配布することができ、製品製造指示の情報、注意事項や他の製造に関連する情報を直接製造現場に届けることができます。

 

表現豊かな対話3Dドキュメントにより、複雑な組立指示が格段にわかりやすくなる


3D PDF作業指示書のソリューションにより、組立作業手順をわかりやすく正確に伝える作業指示書を作成することができ、製造現場の間違いを削減することができます。Adobe Designerを用いて作成できる文書テンプレートにより、最も優れた作業指示書を再利用して標準化することが促進されます。 3Dドキュメントは組立工程の流れを動画を表現することができ、Teamcenterに組み込まれている製造工程計画から直接作成されます。製造現場のユーザは、表現力豊かな対話3D作業指示書を無料のAdobe Readerで表示し、パン、ズーム、回転やその他の主要な3Dツールの操作機能を利用することができます。
   
 

Webベースの使いやすい手軽なツール、オンデマンドで最新情報を配信


3D PDF作業指示書はWeb環境に最適化された直観的な高度な表示機能を備えており、トレーニングを必要とせずに、製造現場の作業者がすぐに利用することができます。これまで多くのエラーの原因となっていた、紙に印刷された作業指示書を不要にします。3Dドキュメントの軽量な電子情報ファイルを用いて、詳細な作業指示の内容を容易に展開し表示するこが可能です。モバイル端末での表示も可能で、製造現場で便利に情報を参照することができます。作業指示書は、MES端末からも直接呼び出すことができます。3D PDF作業指示書は完全なWebベースのソリューションになっていることにより、エンドユーザの教育やサポートコストが取り除かれ、グローバルな展開を容易にしています。


 



 


工程の計画 4/5
    ページ移動>   1   2   3   4   5      





 

Variation Analysis

 

累積公差と組立て順序からアセンブリ品質を予測


製品の3Dモデルに関連づけられた公差情報を用い、製造現場でのアセンブリ作業での組立成立性を検証することができます。組立て順序の変更、部品のサブアセンブリ化、治具の保持位置変更など、アセンブリ工程の改善策が組立て寸法のばらつき低減に及ぼす効果を事前に確認することができます。適切な幾何公差とアセンブル工程の検討を早期段階から行うことで、量産段階での品質問題を回避し、要件を満たす品質の指標を確立することができます。
 
    
 
   
 

関連ページ




 


工程の計画 5/5
    ページ移動>   1   2   3   4   5      


​Process Simulate

 

製造工程の高度な3Dシミュレーションと検証


Process Simulateは組立て工程の検証に用いる、洗練された3Dシミュレーションツールです。組立て工程、作業者の人体動作挙動、自動化システムの動作を模擬することができます。Teamcenterに定義された製造プロセスを用いて、Process Simulateにより組立て工程の作業の検証と最適化を行い、干渉回避、安全確保、サイクルタイム短縮の検討をすることができます。複数の製造手順を仮想検証する機能を用いて、下流工程での製造リスクを最少化することが可能になります。Process SimulateはTeamcenterのデジタルマニュファクチュアリング基盤と完全に統合されています。エンジニアは定義された製品や設備の3Dモデルを再利用し、現実感のある高度なシミュレーション機能を用いて、製造プロセスの最適化をすることができます。
   


Process Simulateにより、衝突間隙の条件を満たしサイクルタイムを最小にする、最も効果的な組立てシーケンスを決定することができます。最適な工具を分類されたライブラリから選択し、作業可動範囲の検証、干渉検出、製品と工具を含む全ての組立て工程シミュレーションを実施することができます。

 
  

 

高度な3Dシミュレーション機能
  • 静的および動的な干渉検出
  • 2Dおよび3Dの断面図作成
  • 操作シーケンス
  • 組立バス、ロボットパスの計画
  • 3Dとキネマティクスによる装置モデリング
  • ラインとワークステーションの設計
  • 文書化ツール
  • JTのネイティブサポート


 


工程の検証 1/4
ページ移動>   1   2   3   4   

 



 

Process Simulate Human

 

人間工学に基づいた人体動作シミュレーション


Process Simulate Humanを用いて、作業エリアの設計を検証することができます。人間工学の分析により、部品に手が届くか、組立や保守の動作が可能かを確認し、作業を最適化することができ、工業規格に則った安全なプロセスを確保することができます。実物を用いた試行錯誤をに代えて、工程検討段階でのリアルな人体動作シミュレーションにより、工業規格のエルゴノミクスライブラリに基づいてプロセスのサイクルタイムを最適化し、効率の良い作業を設計することができます。
 

 

人体動作シミュレーションの機能
  • 作業可動範囲
  • 視野ウィンドウ
  • 姿勢
  • 握り動作ウィザード
  • エルゴノミクス解析
       

 
 


 


工程の検証 2/4
ページ移動>   1   2   3   4   



 



 

Process Simulate / Robcad

 

ロボティクスと自動化のシミュレーション


ロボティクスソフトウェアを用いて、ロボットと自動化プロセスの設計、シミュレーション、最適化、マルチデバイスのオフラインプログラミングを行うことができます。製造現場のワークセルとシステム全体のモックアップを作成し、すべての動作を模擬することが可能です。ロボティクスソフトウェアは、製造オートメーションの仮想検証を自動化するプロセスの構築を可能にします。

 

シミュレーション機能
  • ロボット、装置、工具、治具のライブラリ
  • 部品モデリング
  • 複雑なキネマティック定義
  • 3Dワークセルレイアウトの設計
  • ロボットパス、動作範囲チェック、干渉検出、サイクルタイム最適化
  • 複数ロボットと装置が同期したモーションシミュレーション
  • 全体工程の設計と最適化
  • 最適化されたプログラムの入出力

スポット溶接

 

空間拘束条件、形状制約条件、溶接サイクルタイムなどの要件を考慮しながらスポット溶接の全体プロセスの設計を行うことができます。ガン検索、自動ロボット配置、パスサイクルタイムの最適化、溶接ポイントの管理ツールの機能が利用でき、実際のセルやロボットの挙動を正確に反映しながら、ワークセルの仮想検証、ロボット動作シミュレーションとプログラム作成を行うことができます。オフラインプログラミングの活用により、量産立ち上げ時間を短縮し、現状の生産に支障を与えることなく、新しい生産の導入を最適化することを可能にします。

アーク溶接

 

アーク溶接プロセスの設計、シミュレーション、解析、オフラインプログラミングが可能です。ロボットの動作空間、シーム、ガントリー、溶接設備を含むワークセルレイアウトの定義を容易にします。製品形状と検証された溶接工程からシームが生成されます。溶接トーチのアクセスに従いツーリングが検証され、溶接トーチの角度、ガントリーと治具の配置を最適化し、干渉のないアクセス、ロボット動作範囲、最適な溶接条件を確実なものにします。製品変形は許容範囲内とし、サイクルタイムを最小化するように最適化された溶接工程を定義することができます。完全にすべて検証されたプログラムを製造現場の設備にダウンロードし、生産停止時間を最小にすることができます。簡単な調整操作により、同じ溶接パスを工場内の様々な機種に適用して再利用することが容易に行えます。

 

塗装、サンドブラスト、ショットピーニング、フレーミング、溶射

 

Paintアプリケーションは、塗装の溶射プロセス全体に対応するソフトウェアです。ロボットパス設計、全エリアへのアクセスの検証、被覆パラメターや厚さの決定、プロセストリガーの設定と調整、シミュレーション、製造現場への最適化されたプログラムのダウンロードを含みます。全ての塗装プロセスに対応するために、塗装マシンは従来型と静電スプレイのいずれもサポートしています。オープンで編集可能な塗装厚さの計算機能の高度な組み合わせは、サンドブラスト、ショットピーニング、フレーミングなどの他のスプレイ工程にも応用することが可能です。

レーザ切断、ウォータージェット切断、プラズマ切断、シーリング、グルーイング

 

切断とシールのアプリケーションは、一つのカーブや一つのサーフェスを選択するだけで、完全な輪郭線を生成することが可能なソフトウェアツールです。隙間などの形状の欠陥にも対処することができます。輪郭線は、直線、円弧、スプラインの動作に変換されます。パスの方向は常にサーフェスと鉛直に維持され、ツール補償機能により、ツール直径が考慮された状態に保たれます。




 


 


工程の検証 3/4
ページ移動>   1   2   3   4   







 

​Plant Simulation

 

ロジスティクスとプラント処理能力の最大化

 

Plant Simulationにより、製造システムとロジスティックプロセスのシミュレーション、可視化、最適化を行うことができます。個別の製品ライン、プラント全体、複数プラントなどのすべてのレベルで、マテリアルフロー、リソース活用、ロジスティクスを最適化することが可能です。

 
 

Plant Simulationの適用効果
  • 現存設備の生産性の改善
  • 新たな設備導入計画での投資の削減
  • 在庫削減、スループットタイムの短縮
  • 早期にアイデアの妥当性を検証し、投資リスクを低減
  • 製造資源の最大活用


 
Plant Simulationの機能
  • オブジェクト指向の階層型モデリング、専用オブジェクトライブラリ
  • スループット、リソース活用、自動ボトルネック検出、サンキー・ダイアグラム、ガントチャートのグラフィカルな表示
  • エネルギー最適化分析ツール
  • 3Dのオンライン可視化とアニメーション、JTサポート
  • ニューラルネットワーク学習と遺伝的アルゴリズムによる自動最適化
  • 外部システムとの統合が容易なオープンなアーキテクチャ
 

   


 

関連ページ

Off-line programming

 

オフライン プログラミング

Off-line programming (OLP)ツールは、ロボット動作シーケンスの正確なシミュレーションを行い、機械プログラムを製造現場に提供することができます。主要な商用ロボットに利用することができ、コントローラ仕様に対応して、個別プログラム調整、動作やプロセスの属性などもロボットパスの生成に追加することが可能です。OLPツールが生成するプログラムは、製造現場のコントローラにダウンロードし、実稼働に利用することができます。


ロボットと自動化機器のパスのシミュレーションを行い、ロボットメーカ各社が提供する動作プログラムのロジックやサブルーチンの検証をすることができます。既存のプログラムをアップロードして、シミュレーションの実施やオフライン プログラミングに利用することもできます。現状製品と新規製品に適用するために、全体のプロセスモデルの情報と関連付けてロボットプログラミングを管理することができます。
     
 


 


生産立上げと検証 1/3
   ページ移動>   1   2   3    





 

Process Simulate Commissioning

 

仮想試運転


Process Simulate Commissioningは、現存の製造よおびエンジニアリングデータを活用し、生産現場のコンセプト設計に利用することを可能にします。Process Simulate Commissioningは生産現場のゾーンやセルに配備されている機器の実際の試運転(機械的・電気的)に対応する共通の統合プラットフォームとして利用することができます。実際のPLCコードを実際のハードウェアとともにシミュレーションに用い、OPCと実際のロボットプログラムを用いてリアルな試運転環境を仮想的に検証するこができます。
 
 




仮想試運転により、機械動作シーケンスを完全な制御システムの一部として実証し、ロジックやロボットの安全保護装置の検証を行い、システム診断をすることができます。設備設置前にシステム統合テストを行い、設計段階で制御システムとロジックの問題を摘出し是正措置を行うことができます。早期にハードウェアとソフトウェアの制御プロセスが実証されることで、システムの立上げ期間を短縮することができます。


 


生産立上げと検証 2/3
   ページ移動>   1   2   3    


Dimensional Planning and Validation Lite

 

寸法品質管理ソリューション

 
品質の監視と管理のツールにより、製品寸法の目標達成に関連する製造品質を監視し、問題の原因分析の実施とレポーティングを行うことができます。製品の設計と製造に携わるチームへ、問題解決に役立つ情報をフィードバックすることができます。寸法計測データ収集を自動化し、品質データを一元管理することで、品質問題の早期解決に必要な情報を設計に戻すことができます。
    

 

関連ページ


 


生産立上げと検証 3/3
   ページ移動>   1   2   3    


資料請求はこちら