Dimensional Planning and Validation Lite 寸法品質管理ソリューション

TOP > 製品・サービス > Dimensional Planning and Validation Lite 寸法品質管理ソリューション

Dimensional Planning and Validation Lite 寸法品質管理ソリューション

 

概要

Dimensional Planning and Validation Lite (DPV Lite)は、寸法計測データ収集と分析、および生産品質のばらつきを管理するためのソリューションです。部品からアセンブリに至るまでの、各種計測機器により取得された測定データを一元管理し、寸法品質を明確にします。
DPV Liteは最先端の計測機器を用いた計測データの収集、変換、ドキュメント作成を自動的に行い、Teamcenter Visualizationの統一されたユーザインタフェースを用いて、3次元モデル上に製造品質を視覚化して表示することができます。DPV Liteを活用することで、エンジニアはデータの変換や集約の作業に時間を取られることなく、製品製造の品質問題の解決に集中して取り組むことができます。DPV Liteは素早い問題解決を支援し、製品の市場投入までの時間短縮により、収益性を高めることに貢献します。
 

期待される効果

  • 品質目標達成のための時間とコストの削減
  • 製品製造の問題の詳細な解析により、市場投入時間と工場停止時間を短縮
  • データ品質管理の一貫性が高められ、製品品質を改善
  • 多様な寸法測定結果のデータ収集や編集の手作業の削減
 
  
 

機能

  • 寸法品質管理に関連するすべての情報を、統一されたユーザインタフェースに集約して表示
  • 使用するIT資源が少なく、素早く実務展開が可能なアプリケーション
  • 製品設計と製造プロセスとの継ぎ目のない情報連携を実現
  • 寸法測定データを3次元モデル(JTファイル)上にビジュアルに表現し、直観的な理解を促進
  • ヒストグラム、管理図、パレート図の出力
  • 視覚化されたコリレーションと主要コンポーネントの分析
  • 主成分分析、相関マトリクスの出力
  • データム変換
  • 計測、描画、レポーティングの自動化
  • データ選別と異常値検出の高度な機能
  • 3次元公差解析Variation Analysisとの連携

             X bar-R管理図                パレート図
 
 
        品質ワースト部位の抽出             ヒストグラム
 
   

​関連ページ

 
 

DPV Liteが提供する使いやすく洗練された統計技術の活用により、計測結果の分析を迅速に行い、不良発生状況と要因の識別を素早く行うことが可能になります。
 

寸法品質問題を解決するための5段階の手順

 

1.信頼できるデータ

DPV Liteの異常値検出の機能により、測定機器の異常や測定者の作業ミスによる異常値を識別し、分析対象データから除外することができます。測定の異常の影響を回避し、不明瞭な結果による判断の誤りを最小にすることができます。
 

2. 影響の評価

DPV Liteにより自動的に作成される要約レポートを活用し、インテリジェントな優先度を付けた指標を用いて、最終組立で規格外となるばらつきの発生に影響を与える部品や部位を把握します。
 

3.パターンの識別

DPV Liteの主成分分析や相関マトリクスを用いて、作業者の影響、工具摩耗、製造ラインの差異など、ばらつきの原因となるパターン別の結果の可視化を容易に行うことができます。パターン認識までに試行錯誤で費やす時間を最小にします。
 

4.原因の検証

DPV Liteを用い、選別された統計結果を、最新の設計と製造の情報との対比で視覚的に比較し、素早く問題を判別します。品質問題の上流からの影響や、根本原因を見出すことが可能になります。
 

5. 問題解決の確認

DPV Liteを用いて、レポートのモニターの自動化と予知解析を行い、プロセスの安定状況を監視することができます。
また、データム変換ツールで、各種計測装置の出力値の座標を統一基準に変換し、高精度な同調を行うことができます。


 
資料請求はこちら