NX CAM 加工製造ソリューション

TOP > 製品・サービス > NX CAM 加工製造ソリューション

NX CAM 加工製造ソリューション

フルレンジのCAM機能


​NX CAMは、フライス、旋盤、穴加工、放電加工のすべてに対応する豊富な機能をひとつのシステムで提供します。
金型製作や複雑な部品の加工で、ポストプロセシング、作業指示書作成、シミュレーションなどの加工情報の生成に必要なすべての操作を同じ環境で行うことができます。
NX CAMは2軸加工から複合マルチチャネル加工、5軸加工、3次元寸法測定までの幅広い機能を提供します。ひとつのシステムで多彩な分野のNCプログラミングに対応することが可能です。


 
 
 

関連ページ

 

関連資料

NX CAMカタログ (シーメンスPLMソフトウェアのサイトが表示されます)

CNCプログラマーのための高度なCAD機能


​NX CAMはCAD-CAM-CNCのプロセス連携をサポートする、完全に統合化された製造アプリケーションです。NX CAMに包含されているNX Designの最新CAD機能を用いることで、製品モデルを素早く作成することができます。外部CADシステムのデータの扱いも容易で、データ変換に手間取ることなく、製品・工具・冶具の設計を効率良く行うことが可能です。

 
  • 外部CAD連携のトランスレータ
  • 製品モデリング、アセンブリ、製図
  • 自由な形状修正を可能にするシンクロナス技術
  • 工具、冶具の設計
  • CMM検査プログラミングとデータ解析
 

高速マシニング

NXでは、工具への負荷を考慮した、高速荒加工のための効果的な戦略を選択することができます。 ​金型や複雑な形状の加工に重要な機能です。
  • 統合化されたツールパス技術により、面形状に依存せず素早く簡単に柔軟な対応が可能
  • 加工機械データライブラリが提供する、最適な機械性能を選択するための検証されたデータ
  • 最上級の面仕上がりをもたらす同時ポイント処理

切削範囲の管理

自動車・電機精密分野の金型の加工に有効な手段として、対話操作で切削領域を管理する機能が提供されます。ツールパスを作成する前に、切削範囲を目視で確認し、加工パターンの代替案を検討しながら切削境界や関連操作の調整を行うことができます。干渉が検出されれば、工具軸の動きを対話操作で修正することができます。加工方法を制御しながら事前検証を行うことで、最終加工案は予知された最適化なものとなります。
  • 切削範囲をグラフィカルに事前認識
  • 最適なツールパスを作るために切削範囲を対話操作で変更(マージ, 分割…)
  • 領域毎にツール軸を調整
  • 領域ごとに適した戦略とツールを選択
  • パラメトリックとダイレクトモデルの相互運用

旋削加工

NXは、3Dモデルの総合的なの旋盤加工プログラミング機能を提供します。
  • 荒加工、仕上げ加工、溝加工、ねじ加工、ドリル加工など、様々なプログラミングが可能
  • 2Dワイヤーフレームとソリッドモデルの両方に対応
  • マルチスピンドルやマルチタレットの加工による、複雑な形状に対応する加工パターン
  • 加工中のワーク形状や工具干渉を加工パス作成と同時に画面上で確認することが可能
  • ティーチモード機能により、ユーザのイメージに近い、より細かな加工パスへの編集に対応
 

ワイヤ放電加工

2軸および4軸のワイヤEDM加工機に対応したプログラミング機能をNXは提供します。
  • 内周加工、外周加工、コアレス加工、切り落とし加工、加工回数指定の加工に対応
  • カーブ、フェース、ソリッドの形状入力が可能
  • 3Dモデルのフィーチャーベース加工に対応

ボリュームベースの2.5軸加工

柱状部品の加工プログラミングを迅速に、且つ直観的に行う有効な機能です。
プログラミング時間が大幅に短縮されることに加えて、未切削領域を把握しながらエアカット動作が最小化されることによって、加工時間の短縮にも貢献します。
  • 加工体積を自動的に計算
  • 加工体積を瞬間でビジュアル表示
  • 加工中の製品の切削済み軌跡と残りの範囲を表示

3軸加工

NXの3軸加工プログラミングは、傾斜面投影ベクターの手法により、金型などの複雑な形状を最も滑らかに加工するツールパスを生成します。NXの3軸加工ソフトウェアの高度機能を使用することで、高品質の表面仕上げを高速に加工することができます。

  • ツール軸の方向と異なる、傾斜面投影ベクターを用いた滑らかなツールパス
  • 高い材料除去率と工具負荷を最小限に抑える加工パターンにより、高速な荒加工を実現
  • 2.5~3軸加工の加工プロセスを、そのまま割り出し加工へ使用することが可能
  • 削り残し加工により、前工程で残った材料を自動的に除去 (割り出し加工でも利用可能)
  • 切削領域の管理を傾斜角度を含めて行うことができるため、ホルダの干渉を回避した加工パスを実現
  • 加工パターンの指定から、切り込みおよび逃げ動作などの設定まで、きめ細かな設定が可能

複合加工機械への対応

NXは同時多軸操作が可能な最新世代の工作機械をサポートし、回転、穴あけ、旋削、5軸のプログラミングに対応します。 同期マネジャーのグラフィカルな表示を用いて、加工手順の制御を対話操作で行うことができます。NX CAMは、加工工程の状態を把握しながら、加工対象のフライスから旋盤加工への継ぎ目のない組み換えを自動的に行います。

  • 各チャネルをグラフィカルに表示し同期を管理
  • 加工中の製品の回転と旋削の相互切り替えを自動生成
  • 加工中のワーク形状や工具干渉を、加工パス作成と同時に画面上で確認できる
  • 衝突チェック機能により、干渉部分の事前検証が可能

​      

柱状部品加工の自動NCプログラミング

3Dモデルのインテリジェンスを活用し柱状部品加工のNCプログラミングの自動化を促進する機能が、NXには追加されています。  
  • ボリュームベースの2.5軸加工 – 加工対象の体積と手順の事前確認に特化した機能
  • 多段加工 – 加工対象とマルチステップを組み合わせたプログラミング
  • 多数部品プログラミング – 複数部品を組み合わせた加工の素早いプログラミング


回転、穴あけ、旋削、フィーチャーベースの自動プログラミング、ポスト処理、加工シミュレーションを含む、柱状部品加工の完全なCAMソリューションをNXが提供します。

  ​

3軸から5軸へのツールパス変換

NXはホルダー干渉発生を予知しながら、ツール軸や格納を自動調整します。干渉が発生しなければ3軸ツールパスを生成し、干渉が予測されると問題領域から徐々にチルトしながら遠ざかっていく5軸ツールパスを生成します。

  • 振動を低減させる、より短い工具の使用が可能
  • 3軸の仕上げと荒削りが可能
  • 深いキャビティと高い壁の精密加工に適した、高速加工の理想的な戦略

​​

5軸加工

NXは他のCAMシステムに先んじて、最も早くから5軸工作機械の対応に取り組んでいます。航空機器や発電機器の複雑な形状部品の加工に対応する、柔軟性の高いツール軸制御オプションの機能を提供します。
  • 深いポケットや高い壁面形状の高速で精密な加工が可能
  • フロア面を選択するだけで、自動で周囲の壁面を認識し加工パスを生成
  • 複雑な形状の高速加工に対応する、ストリームライン手法のツールパス
  • 進行方向とステップ方向の均一な切削点により、高品質な仕上げ面の高速加工が可能
​​

ターボ機械の切削

ブレード付ディスク(ブリスク)とインペラの加工に特化したプログラミング機能が用意されています。
 
  • 干渉を回避する工具軸の自動制御により、同時5軸の荒加工が可能
  • 削り残し加工により、前工程で残った材料を自動的に除去
  • ストリームライン手法のツールパスにより、ハブ仕上げ、ブレード仕上げ、スプリッター仕上げなどの滑らかな加工パスを生成し、高品質な仕上がり面を高速に加工することが可能
 

​​

プログラミング自動化

フィーチャーベースの加工からプロセステンプレートまで、NXはCNCプログラミング自動化を強力にサポートします。
 
  • 証明された加工プロセスの要約と再利用
  • プログラミング時間の90%を削減
  • 工作機械を最大限に活用

フィーチャーベースの加工

NX CAMは3Dモデルから広範囲の加工フィーチャーを認識し、加工操作の選択や組み立てに自動的に利用します。プログラミング時間を大幅に短縮し、最終結果を出力する前にツールパスや工具変更の最適化をすることに役立てることができます。
 

フィーチャーベース加工の実行手順

フィーチャーと加工のティーチング

各フィーチャーに対応する加工操作をシステムに学習させて、ナレッジに集約し社内標準プロセスとして再利用することができます。NX CAMが新たな製品形状に対して適切な加工操作を自動的に選択することで、間違いの無い素早いプログラミングが可能になります。
 
  • カスタムフィーチャータイプを対話操作で定義
  • 新しい部品でカスタムフィーチャーを見出す
  • 新しい部品に適した加工操作を自動的に適用

マニュアルフィーチャー穴あけ

穴あけ加工プロセスの統合化により、完全自動が適用できない場合でも、複数穴加工の最も確かなプログラミングを素早く実施することができます。
 
  • 形状選択を省略して穴加工プログラムの実施が可能
  • 完全自動化に代えて、フィーチャーグループを使用
  • 各操作に加工中のフィーチャーをビジュアルに表示

​       ​​

製品製造情報(Product and Manufacturing  Information)– PMI

NX CADの3Dモデルに組み込まれている表面粗さ、寸法、位置、公差などの加工情報を読み取り、最適な加工操作の選択に活用することができます。
  • 寸法・位置・公差・表面粗さなどの情報を製品製造情報(PMI)としてCADモデルに定義
  • CADモデルに組み込まれたPMIをNX CAMで認識
  • フィーチャーに基づく加工を設定
  • 加工フィーチャーに対応し、正しい加工プロセスと工具を選択

       

情報の再利用

加工データライブラリ

NXの加工データライブラリのカスタマイズ機能を用いて、自社のノウハウをデータベースに蓄積し、再利用することができます。
選択した加工パスに対し適切な送り速度および回転数が自動設定され、最適な加工条件を利用することができます。
ワーク材質、工具材質、加工方法、工具などの様々な条件に対応する加工データを蓄積し再利用することで、加工工程の設計工数を大幅に削減できます。

 

加工ウィザード


日々行う共通作業を効率良く進めるために、NXの操作手順をウィザードに組み込むことができます。
 
  • 加工手法の社内のベストプラクティスを要約し再利用
  • NCプログラミングのプロセスに沿ってユーザを段階的に導く
  • ソフトウェアプログラミングのスキルがなくてもNCデータの作成が可能

      

 

加工プロセステンプレート


事前に定義したプロセスと、セットアップテンプレートを用いて、プログラミング作業を標準化して登録し再利用することができます。
  • 加工工程の優れた手法やツールを確実に再利用することができ、工程設計と加工の最適化が可能になります
  • テンプレートの利用により、担当者に依存する加工工程設計のバラツキを防ぎ、業務品質が改善されるます

3次元測定機プログラミング

NXは、3次元測定機(Coordinate Measuring Machine、略称CMM)プログラミングの機能を用いて、機械加工製品の寸法測定を効率的に行うソリューションを提供します。

  • 測定対象や3次元測定機の実物を用いることなく、オフラインで準備が完了
  • モデルの幾何公差情報や製品製造情報(PMI)を自動取得して測定パスを生成
  • DMIS規格の3次元測定器に対応するポストプロセッサ
  • 設計データと測定結果とのダイレクトな比較が可能
  • 測定プロセスの標準化、自動化を加速し、計測業務全体の大幅な工数削減と品質向上に貢献

 
 

関連ページ

統合化されたポストプロセサーによるCNCプログラムの検証

新たな製品の加工を始める際には、生産現場では工作機械の設定や事前調整に多くの時間が費やされています。NX CAMが出力する適切な、且つ検証された出力データを活用することで、工作機械の設定ミスを削減することが可能です。
  • はじめから正しい機械操作を設置し、起こりそうな問題を早期に摘出
  • 試し加工やテストなど作業現場で費用の掛かる作業を取り除く
  • CNCプログラムからコントローラ固有の加工データを容易に生成
  • 作成した加工パスを、使用する工作機械用のNCプログラムとして出力することが可能
  • さまざまな工作機械のNCプログラムに変換が可能
  • NCプログラムが自動作成されるため、プログラミングの人為ミスが取り除かれる

ポストビルダーとポストライブラリー

NXポストビルダーを用いてユーザ独自のポスト処理を定義することができます。さらに、シーメンスPLMソフトウェアがグローバルに提供しているポストライブラリーをオンラインで利用することも可能です。
  • グラフィカルなユーザインタフェース
  • 光源、材料、テクスチャー、シーン、陰影の完全制御
  • ドラッグ&ドロップでポストを作成
  • NXからアクセス可能なオンラインのポストライブラリー
  • 各種制御装置および、多様な工作機械(5軸・複合加工機、4軸ワイヤー放電加工機など)に対応
  • ポストビルダーで独自のG/Mコードの出力設定が可能

SINUMERIKコントローラ向け最適化NCデータの生成

NX CAMは最適化されたSINUMERIKポストプロセサーを提供します。工作機械操作データに基づいて自動的に主要なコントローラ設定が選択されます。
 
  • コンプレッサー – 直線の動きをなめらかなスプライン曲線に変換
  • スムージング – 角の丸み付けを制御
  • 5軸座標変換機能 – 5軸プログラミングの複雑さを削減

​  ​​​

工作機械工具のシミュレーション

一般のCAMの基本機能であるツールパスシミュレーションは、母材料からの切削範囲を示すもので、工作機械の動作表現は含んでいません。3Dモデルで工作機械工具の動きを見ることができるCAMシステムもありますが、それらの多くはポストプロセシングの処理を行う前のCAMツールパスに基づき工具動作を表示しているものです。
NX CAM では、ポストプロセッサーを実行して出力されたGコードやMコードを用いて工作機械工具の3Dモデルを駆動することにより、実際の工作機械の制御データに基づいたリアルな動作を事前に検証することができます。

 
 
  • 複合加工機などの高度な工作機械にも対応し、検証にかかる工数を大幅に削減
  • CAD→CAM→工作機械シミュレーションまでの一連の流れを同一環境内で行うことが可能

先進工作機械のためのソリューション

NX CAMでは、最新鋭の工作機械に対応する特定プロセスのソリューションを提供します。
  • プログラミング操作の組み合わせ
  • ポストプロセッサー
  • G-コードに基づくシミュレーションドライバー
  • 3D加工工具モデルのアセンブリ
  • セットアップや標準手順のテンプレート

一つに統合化されたシステムNXにより、これらすべてに対応することができます。

       ​​​

プログラミングの生産性

NX CAMが提供する対話操作機能と事前準備環境が、プログラミング生産性向上を支援します。
  • 素早いプログラミングを可能にする最先端の対話操作機能
  • 習得を加速する、直感的なインターフェース
  • 使用頻度の少ないユーザからエキスパートまで、幅広いユーザ向けのインターフェース

       ​​​

グラフィック主導のプログラミング

3Dツールモデルの仮想走行を用いて、ツールパスを直感的に素早く制御することができます。
  • 素早いツールパスの生成と修正
  • シミュレーション前に軸の限界と干渉を摘出
  • 工具の位置変更や傾きに応じ工作機械が動く 
 
      

役割の事前設定とチュートリアル

NX CAMでは、ユーザ毎の役割に応じ、必要十分な操作メニューを出力することができます。
 

​​​
  • 新たなユーザが短時間で習得することを可能にする機能
  • 表示されるオプションを最小限の組み合わせにすることが可能
  • 加工セットアップのテンプレート
  • 初心者でもCAM操作を簡単に習得できるように、加工種別ごとに用意された作業手順のチュートリアル

操作ナビゲーター

操作ナビゲータにより、プログラムに必要な情報がビジュアルに表現されます。
 
​​​
  • 重要な工作機械の情報に容易にアクセス
  • 加工部品と加工工具の閲覧
  • コピー、ドラッグ&ドロップによる加工手順の再利用

直感的なユーザインタフェース

NXでは、直感的な使いやすいメニューを用いて全体の操作を行うことができます。
​​​
  • ユーザに要求する入力や、コマンド手順を明快にわかりやすく説明
  • 対話オプションでポップアップ画像や注釈がビジュアルに表示されるため、操作の理解が容易
  • キーワード検索機能により、目的のコマンドを素早く見付け出すことが可能

ISIDが提供する導入展開サービス

ISIDは、製造業企業の皆様のエンジニアリング業務をサポートする、広範なサービスを提供しています。
(関連ページ:ISIDサポートサービス)

ISIDが提供するNX CAM導入展開サービスは、お客様のCAM活用段階に対応し、個別のご要望に対応できるよう、柔軟なサービスメニューで構成されています。
 

NX CAD/NX CAM基本トレーニング


NXの統合化された環境でNX CAMの機能を最大限に活用するために、必要な機能と操作方法を習得するトレーニングコースが用意されています。NX CADの3Dモデリング、アセンブリ、製図、さらにNX CAMの加工基礎、ポストビルダ、工作機械シミュレーションの学習ができます。

CAM業務効率化支援


製品形状モデリング、加工法や工具の選択、加工パラメータ設定など、製品設計から加工実施までの業務効率を改善し、高品質の加工をより短時間で可能にするプロセスと環境の構築を支援します。設計手法や業務ルールの標準化を促進するコンサルティング、データ入力や操作を定型化し処理の自動化を可能にするためのテンプレートやカスタマイズ機能の開発を行います。さらに、NX CAMを用いた新しい業務プロセスの定着を支援する運用立ち上げのオンサイトサポートを提供します。
 
 

技術構築支援


新規工作機械を用いた新たな加工法の導入に際して、技術構築の支援を提供します。工作機械固有のポストプロセシングやシミュレーション機能に対応するカスタマイズ開発を行い、マシンの性能を最大限に活用できるようにします。さらに、高精度の加工をより高速で行う加工法や最適なCAMデータ生成手法を構築するコンサルティングを行い、最新の加工技術の導入展開を支援します。

 

関連ページ

資料請求はこちら