事例 | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > 事例 > 新規開発車両の組立て組付け性評価のVRシステムを導入​

新規開発車両の組立て組付け性評価のVRシステムを導入​

新規開発車両の組立て組付け性評価のVRシステムを導入​

ダイハツ工業株式会社は、「世界の人々に愛されるスモールカーづくり」をめざし、グローバルな生産活動を展開しています。もっと小さく・もっと軽いスモールカーをつくりたいと、日々研究と開発を繰り返し、省資源で環境にもドライ バーにも優しいクルマづくりのためにダイハツは技術を進歩させています。
ダイハツが生産技術部門に新たに導入したVR( バーチャルリアリティ) システムは、自動車の設計段階で車両組立て性や部品組付け性の詳細な検討を可能にし、精緻な仮想検証により、量産開始前の手戻り削減とリードタイム短縮に貢献しています。
 

もっと見る

詳細はこちらからご覧ください。

ダイハツ工業株式会社 導入事例

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)