事例 | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > 事例 > 車両開発におけるCAE適用の取り組み

車両開発におけるCAE適用の取り組み

車両開発におけるCAE適用の取り組み
CAEモデリング効率化の技術開発

マツダ株式会社は、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高いレベルで調和させたクルマづくりを目指し、革新的技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を活かして、ユーザの多様化するニーズに応える新しいクルマを提供しつづけています。
クルマの性能に大きな影響を及ぼす重要なコンポーネントであるボティー、内装、サスペンションの開発では、CAE (Computer Aided Engineering) によるバーチャル検証が重要な役割を果たしています。
マツダの車両開発でのCAE 適用の取り組みについて、車両開発本部 CAE 技術開発グループ 主幹 砂川 孝之氏に話を伺いました。

もっと見る

詳細はこちらからご覧ください。

マツダ株式会社 導入事例

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)