事例 | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > 事例 > 生産設備設計における三次元CAD、製品データ管理、購入部品ライブラリの連携

生産設備設計における三次元CAD、製品データ管理、購入部品ライブラリの連携

生産設備開発の業務改革への取り組み
 

1919年から日本初の自動製罐設備による製缶を開始して以来、包装容器の「生産」「充填」「消費」「回収・ 再生」の各プロセスを通じて機能性と経済性に優れる、さまざまな製品とサービスを提供している東洋製罐株式会社。
高機能・高品質の包装容器の供給を支えているのが、自社開発の生産設備です。
生産設備の開発プロセスでのNX、Teamcenter、 PARTsolutions、 R-3Dの活用状況について、設備技術部副主任部員 中石浩治氏と副主任部員 永田功児氏からお話しを伺いました。
【取材 2014年1月】

 

 

もっと見る

詳細はこちらからご覧ください。

東洋製罐株式会社 導入事例

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)